読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enmotakenawa.com - blog!!!

円茂竹縄ブログ

SKYRIMがクソおもしろい件について

ゲームなんですけれども。
いわゆる洋ゲーで、『The Elder Scrolls 4:Oblivion』というのの続編です。
ジャンル的にはアクションRPGになるのかな。
向こうのガチファンタジー的世界観で繰り広げられる物語です。


まあ人それぞれの趣味かと思うんですけれど、
私の“おもしろそう”基準って、“カラフルさ”なんじゃないかなと思った。
ビジュアルもそうだし、イベントのバリエーションや発生タイミングなど、
少なくとも前作Oblivionに比べたら相当出てるように思う。

「あのゲーム」を思い出させる要素がたくさんあるんですよね、
モンハンだったりFalloutだったりMass Effectだったり。
骨子になるメインストーリーもほどよくオーソドックスなツボを突いてくれて、
いちおうネタばれは防ぎますが、「何ッ、おまえがあの…!?」みたいの良い。

サブイベントがずるずる派生して手に負えなくなるのと、
むこうのハイファンタジーならではの固有名詞の多さ(w
が玉にキズですが、まあ一回やったら抜けられない。
複雑すぎるところも若干あるけど、それを飲み込む位にはおもろいです。

18禁だから結構シビアな表現も出てきて、大人のゲームになってる。
デイドラ神ってやつらがまたヒドい神様でしてね。


最初、うちの彼もそうだったんですが、あんまり期待してなくて、
「俺、北欧趣味がないからな〜」「あーわかるー」みたいな。
共通してちょっとSF寄りなのが好きなんですよね。
「好きでない」のと「おもしろさ」はまた別なんですが、
洋物ハイファンタジーが好きな人はほんとハマると思うし、
そうでない人にもおすすめです。

▼これはXBOX版ですがPS3版、PC版もあります。

The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】

The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】