読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enmotakenawa.com - blog!!!

円茂竹縄ブログ

タブレットペンのラバーグリップが驚異的なベトベトをにじみ出す件について(追記アリ)

ゴムの可塑剤だそうです。
おお…ヌルヌルと滑るのは手脂だと思ってました。
私が描きながら無駄にエキサイトして手に汗握ってるせいじゃなかったんですね。
しかしそうなりますと自然現象なので避けられないようです。

替えの商品は
Wacom ラバーグリップ ACK-30002Wacom ラバーグリップ PHO-A143Wacom ラバーグリップ PHO-A140
とかなんですが(太さやサイドスイッチの穴の有無など種類があるのでよくご確認を)、ワコムストア限定で木製グリップペンというのもあるようです。
Wacom | ワコムストアオリジナルグリップペン専用木製グリップ
こちらは替えグリップだけの販売はないらしい。

うーん。木製というのもGペンを思い出して懐かしい感じはしますが…。
どうなんですかね。

追記-2012/11/23

「プニュグリップ」という商品がハマることを教えてもらいました。グリグリやってると入ります。
サイドスイッチ使えなくなりますが、安いので気軽に替えられますよね。試しに使ってみてますがなかなかクセになります。…でもどっちにしろ私の場合、手汗で滑ることがわかったw
”ペンの正しい持ち方”用の凹みがついてます。シリーズでついていないものもありますが、どの商品も内径はそんな変わらないと思うのでおそらくハマるんじゃないでしょうか。昔懐かしい香りつきもあるよ!

クツワ プニュグリップ RB007

クツワ プニュグリップ RB007

追記-2014/09/18

今日また訪問がちょっとあったので思い出し追記。
プニュグリップ、その後もずっと使ってるんですけれど、ペンの持ち方用の凹みがついてるタイプは普通のプラスチック芯だとペン先の減りがすごく偏るんですよ。接地点が固定されるので。気がつくとペン先がものすごい鋭角になってたりするので、時々芯を回転させてあげるといいかもです。