enmotakenawa.com - blog!!!

円茂竹縄ブログ

漫画のモバイル環境(追記アリ×3)

モバイルPCで漫画作業をしたい、という願いが漫画描く人なら誰しもあると思うんですが、なかなかピッタリな機器が出ないというか。レビューを読むとどれも一長一短で、まぁ仕上げまでとは言いませんがせめてネーム作業を持ち歩きたいと。
漫画描くってPCにしてもアナログにしても作業環境が特殊ですから、自宅にいる時間ハンパなく長いですしね。気が狂うほど長いんでw、唯一外に出られる可能性があるのがネームというやつなのです。

そんなネーム用PCとしていくつか目をつけてるものを自分用まとめです。商品リンクは目安です、バージョン違いの細かいスペックとか確認して張ってないのでご容赦ください。想定ソフトはComicStudioです。

鉄板? ASUS EEESlate B121

ASUS Eeeシリーズ タブレット EeeSlate B121 12.1インチ ホワイト B121-1A001M

ASUS Eeeシリーズ タブレット EeeSlate B121 12.1インチ ホワイト B121-1A001M

ドローイングタブレットとしてはすでに定評があると思います。海外アーティストなんかはこれを使って電車の中でラフを描いたりするそう。
ただ、駆動時間が短いと聞くのと、タブレットPCにしては機体が重いのかな? また、漫画ネームだとテキスト打ちもしたいですからキーボードも別に買いたいところです。

性能充分、しかし重い…ThinkPad X230 Tablet

これも結構使ってる方いらっしゃるようです。今日店頭で触ってきましたけど、ClipStudioPaintで筆圧感知してました。てことは、ComicStudio・IllustStudioでもいけるはず。けっこうスラスラ描けましたし、液晶サイズも12.5インチと他の候補より大きいです。まさに理想の形…!
でも重いんです。バッテリーつけると2kgだったかな。「持ち歩く」という感じではなく「持ち運ぶ」って感じが否めないです。

惜しい…! ThinkPad Tablet2

スタンド付きのBluetoothキーボードはこちら。

機体が軽い、駆動時間も長そう、今日触ってきましたが筆圧感知も文句なし(X230Tablet同様、ClipStudioPaintにて確認。しかしこれが試用機に入ってるってことはこっちの用途も明らかに意識されてるってことですね)。別売のキーボードも一緒に買えば、溝に立ててモニタ風にもできて、セリフのタイピングがスムーズげ。

しかしながら、小さいんですよ。画面が(10.1ワイド)。X230Tablet触った後だと「小さいな」って思っちゃう。あと気持ーち横にワイドすぎる気配…絵を描くだけならまだしも、ネームってなるとこの縦横比は…どうなんだろ。CPUやメモリも気になります。

「漫画」っていう縛りさえなかったらドローイングにも結構いいタブレットだと思いますよ。描き心地もわりとよかったように思うけどなー。
ちなみにこれ実機を触れるのは2013/03/31現在アキバヨドバシだけみたいです? 店頭実機を置いてるとこだんだん増えてきました。池袋ビックカメラにもあったよ!

こういうのもあるのか… DELL Latitude 10

[rakuten:dell:10002199:detail]
ComicStudioとあわせた動画もあった。ただ〜〜〜…、このレビューを読んだ限りでは、たぶん今日触ってきたThinkPad Tablet2の感じと近いんですよね…。てかスペックも似てるのか。

大穴? VAIO Duo 11

この記事読んだら(さっきの記事と同じ方ですが)相当前向きになってきた…。や、ComicStudioで描けるかどうかがわからなかったんですよ。店頭実機にComicStudio入れてるとこほぼないので。確かに筆圧感知は段階粗いんですけど、ネーム用ならそこまで要らんかも…というのはあります。

あと、X230Tabletよりは機体が軽い。ノートPCだからセリフやシナリオも打てる。画面がTPT2やLatitude10に比べてちょっと大きい(11.6ワイド)のは助かる。スペックもコンバーチブルだからタブレットPCよりはいいです。
ぬぐぐぐ…バランス的にベストに思えてきたが…どうなんだろうか!か!
これはわりと実機も出回ってて触りやすいはずなので、もうちょっとしつこく触ってみようと思います。人柱になるとしたらこれか、TPT2だと思ってます。 Helixが来たので情勢が変わりました。

VAIOってでも久々に目に止まりましたねー。カスタマイズもできるようなので、一回相談してみようかな…。

追記2013/04/05

ツイッターをまとめよう - Togetterまとめ
おおおすげー!ありがたい! しかしどれも検証がClipStudioPaintなんですよね〜。搭載OSが最近のはどれもWindows8だしなぁ。現状Windows8にガッツリ対応してるとなるとCSPになるんでしょうかね。ComicStudioもほぼほぼ問題ないとのことですけれどもね。

追記2:2013/04/11 ~ついに来たぜ!ThinkPad Helix

じつはもう一個気になる機種があったんですけれども、これですね。ThinkPadHelix。
http://news.mynavi.jp/articles/2013/04/11/helix/
4月下旬ついに個人向け販売開始だそうです。X230TabletとTPT2の間をとったような商品で、スペック充分、筆圧感知充分と、下手したらペン入れまでいけます。タブレット部分とキーボード部分が分離可能と、かなり自由なスタイルが売り物です。冷却にも一工夫あるとのこと。完璧に思えます。
がしかし、まだ微妙に重い…! 1.6kgかぁ…。あと、液晶サイズも11.6ってVAIOduo11と一緒ですね。同じ液晶サイズならVAIOは約1.4kgと、やや軽です。

また迷いはじめてきた。とはいえ、個人的にはHelixとVAIOduo11の一騎打ちになりそうです。
SurfacePROっていうのもあるけど、10.6インチかあ。ちょっと液晶小さいのは検討外になってきたかな。

追記3:2013/06/03

検索でいらしてくださった方だけに朗報です(?)。その後このようなニュースがありまして↓

ラップトップ、今は買っちゃダメ : ギズモード・ジャパン
もちろん、少し先伸ばししたら新しいものが出てくるってのは、今に始まったことじゃありません。でも今回は、いつもとはわけが違います。MacでもWindowsでも、その点では同じです。あとほんの数週間で、多くのラップトップに搭載されるIntelのCPU、GPUがいろんな意味で大幅アップグレードされるんです。Intelの新しいアーキテクチャ、Haswellには、以下に挙げるようないろんなメリットがあるんです。

これがですね、予想以上の革新らしいんです。
この6月頭以降に各メーカー、Haswellを搭載した新モデルの発表が相次ぐかと思うんですが(今ニュース検索したらもう出てますね!)、メーカー関係者からの噂によると「新しいモデルをみたら旧モデルは買えない…!」という話まであるとのこと。

また、筆圧感知機能の本命であるwacomも今夏はPCにのりだすそうですね。単なる液晶タブレットの新作ではなく、ワコムテクノロジー搭載のモバイルPCが登場するとのことです。

そんなわけで、各メーカー出揃うのはやはり夏でしょうか? お目当ての機種が刷新されるのを待ってみてはいかがでしょう。また、記事にもあるように、新モデルが出たら旧モデルも値段が下がりますので、そうした意味でもお得です。