enmotakenawa.com - blog!!!

円茂竹縄ブログ

長岡花火・2

またアッツイアッツイ想いを書かねばならぬ。

今後もフェニックス花火が打ちあがるのか?
との質問をよくされますが、その前に知ってほしいこと。

フェニックス花火を打ち上げるのに、2日間で約2000万円の経費がかかります。
その費用は、募金活動などの協賛金、そしてフェニックス観覧席の販売収入などからなっております。

(略)

「みんなであげよう!フェニックス」を実現するのは、簡単なことではありません。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=675479669201611&set=a.132241576858759.33959.100002187512473

 長岡の市議会議員さんのようです。このことに加え、ご自身が理事をなさっているNPOの学生さんによって人件費が浮いていること、学生さんは参加費を払っている(?)ことなど。

 フェニックス打上げ費も有料席料金に含めればいいんですよ、あれも込みで「長岡花火」になってるところは最早あると思うので。

というか、有料席料金ってもろもろ協賛金の意味合いもあると思ってたんですが違うんですかね?? もし有料席の料金内で内訳があるなら出してもらえると明朗会計ではあります。

 学生さんが手伝うのに参加費払ってるってよくない状況だと思いますよ、協賛金として自主的に出しているという意味かもしれませんが…。

 そんなカツカツなんだったらもっと早く言って欲しかった。私も協賛金は毎年振込でしてますけれど、そしたら来年は頑張ってもう少し出しますよ。なんならKickstarterとかみたくプログレスバー出して状況をわかりやすくしてほしい。

 

とはいえですよ。

(元、ですが)長岡市民としては、たとえ大型プログラムがショボくなったとしても、5号7号がポツポツ上がるだけの花火大会になったとしても、長岡花火は長岡花火じゃないかという気持ちもあります。

 慰霊への想いや、復興など支えあいの想い、またほとんどのプログラムは企業さんが提供してくれますから、そうしたはからいへの感謝とか、そういう気持ちが毎年この日だけでも確認できれば、それが長岡花火なんじゃないか、とは思っています。

こないだも書いたように恵まれたロケーションがせっかくあるのだから、できればそれを目一杯活用してほしい、それをこそお客様に見てほしい、という気持ちはもちろんあるんですが、見栄に倒れてしまうならそれこそ長岡らしくないとも思うんです。

ただ、お客様はできるだけ多くいらしてくださったほうが周辺のお店なんかは繁盛するでしょうしね(´・_・`) 難しいところです。