enmotakenawa.com - blog!!!

円茂竹縄ブログ

Negiccoへの軌跡


【Negicco】念願のオリコン週間5位入り! 「光のシュプール」リリースイベントレポ【インタビューあり】(1/5) - ウレぴあ総研

池袋サンシャイン見たかったなあ。タイミング的に知るのが遅すぎたり、原稿真っ只中だったりしたもので。そんなわけでここ10日間ばかりでNegiccoファンになった者の記録です。

きっかけはフジテレビ!…ではなく><

 田島貴男さんのツイートがRTで回ってきたことでした。それまでもNegiccoというアイドルがいることは知ってたけど、特に触れる機会がなく…TVも観ないし。何となく流してしまっていたNegiccoという文字列なんですが、田島貴男さんがアイドルを、へぇーそうなんだ、と思って何気なく注目したのが始まりでした。田島貴男さんはやっぱりよく聴いてたので。

『光のシュプール』リリース日って12月2日だったと思うけど、どうもその日長岡にいるようだと。えっそんな、田島貴男さん参加の楽曲リリース日に長岡にいるのって思って。そんな素敵事象があるものかと。曲も公式サイトに貼ってあったの流してみたらごっつい眩い感じで、こんなキラキラを久々に耳にしたと。

キラキラしたまま公式サイト眺めてたら小西康陽さんも楽曲提供をしているようだと。次第にアラいいですねの波が打ち寄せてきたわけです。

さらなるキラめきを求めてYoutubeで検索したらT-Palette Recoadsがいろいろ上げてたので見てて、でも一番ガツンときたのがこれでした。


2014/5/11 Negicco「トリプル!WONDERLAND」古町どんどん 8番町ステージ - YouTube

めっちゃ動く!!!って思って『トリプル!WONDERLAND』の曲の疾走感も相まって。最初に最も魅力を感じた映像でした。途中にそれぞれソロでダンスするパートがあるの、それがカッコよくてねえ…全体かわいいのにジャズっぽいカッコよさもあるじゃないですか。

正直、アイドルと言われてもピンとこないクチなんですよ、シンガーやダンサーには興味があって、自分でも一瞬ダンス部にいたので。ステージにダンサーを感じたんですよね。歌う方も、こんな動きながら歌ってるんだ! と思ったし。

同時に、もうすごい長いこと活動してるんだ的な情報も読んでて、「これは普通に実力ある、キャリアも感じる。ファンのひとはステージみてファンになるんだきっと」と思ったわけです。あまりに3人に目を奪われすぎて、天井がはがれてきてるの、横から覗いた家人に指摘されるまで分からなかったもの。

その後、『ネガティヴ・ガールズ!』がすごい気に入ったりして、アルバムなんかもiTunesでだけど買えるだけ買った。

情葱大陸をみて憤る

情葱大陸 ~ Negicco History (1 / 3) - YouTube

Perfumeのときも道夏大陸みてツラがってたんですけど、昨晩情葱大陸で泣きましたよね。

ひどいよね、そこここで実力を認められておきながら、たまたまのタイミングで話が流れたりしてる。「そうでしょ?」って思ったもん、実力あるんだよ。なのに理不尽な理由で機会を潰されつづけてきてる。

で、また、そこまでどうやって切り抜けてきたかって、自分達で振付けまで考えてきたというから本当に驚いたし泣いた。振付けって振付師があるくらいには大変なこと、才能が要ることだと思うんですよ。

へんなパフォーマンスしてたらいくらファンだって離れていってたと思うよ、”ヲタ”って言ったって何の能力もない人達をここまで支えたりしないと思う。そこを繋ぎ止めてたんだもの。作詞作曲のconnieさんもそうだけど、驚異的なことだと思うわけです。

ほんとに当事者は猛省してほしいよ、芸能界とか知らないけどさ。自分達の都合だけで約束を反故にして、何とか口きいてあげるとか出来なかったのかと思ってしまった。

「苦労してきた」と書かれがちなNegiccoだけど、こんなにも長いことファンの人達が熱心に応援し続けたのは「苦労してるから」じゃなくてなにより「見過ごせない実力があるから」だと思う。私は先のライブ映像でそう感じましたよ。

マイ・ベスト・ビデオ

他にもチラホラ過去記事読んだりして、楽曲も経緯もザックリ把握したと思うんですが、私の今のイチオシビデオはこれですね( ´•.̫ • ` ) ↓ 曲は一番とか選べない…。


【ハイレゾ配信中】Negicco / ネガティヴ・ガールズ!(OTOTOY SPECIAL PLACE RECORDING) 会場 : 3331 - YouTube

まず曲が大好き、歌詞ではこの年頃の女の子が抱えがちなコンプレックスを歌ってて、でも何とか皆でがんばってみようよ!って感じに溢れてるし。御本人達の作詞ならではの等身大感がすごくよくて。女の子にもっと聴いてほしい。

connieさんに初めて作曲の書き直し要求をしたようですが、大正解だったと思う。connieさんの元の曲もちょっと聴いてみたい気もするけどw 「自分たちでプロデュースも何もかもやってきた」という、経緯的にもとてもNegiccoらしい一曲だと思うんです。

あとビデオ的にもきれいだしさ、3人がすごいかわいい。衣装と背景会場と曲の世界観と、3人のもつ雰囲気がマッチしてて、一番気に入ってます。ライブパフォーマンスの良さも見られるし。

今後

読んだ限りだと小西康陽さんも田島貴男さんもすごく熱心なNegiccoファンのようで、これからもそうあってほしい。情葱大陸みてとにかく怒ったので、そうじゃなくて、ちゃんとNegiccoが好きで、Negiccoにこういう方向はどうか? 等と考えてくれるアーティストさんと組んでほしい。

小西さんも田島さんもすごいなと思うのは、ちゃんとconnieさんへ敬意が感じられるというか、お二方とも私が昔から聴いてたようなビッグアーティストにも関わらず。そこがますますすごいなと思うんですよね。

次のアルバムもすごい楽しみ! ゲストアーティスト(?)さんもさすがタワレコのレーベルで、そそられる感じです。Negiccoから広がる世界観もあると思う。自分のなかにヒットチャートが戻ってきたようで嬉しい。

ライブ行けるかなあ。生バンドのやつにすごい惹かれてるんですが、スケジュール的にどうなのか。どうにかしたい。

追記2014/12/13

Negicco 2003〜2012(第7回) - TOWER RECORDS ONLINE

やっと全文読んだぞ! 2012年のインタビューですが、これまた吉田豪さんに頭が下がる……。思うところはホントにいろいろあるけど、とりあえずブラザー・トムさんは正しい! 嶺脇社長も正しい!! 本当にそうした皆さんがいてくれてよかったし、でもそれを引き出したのも3人だよね。なんとか間に合ってよかった(´・_・`)

今回『光のシュプール』でオリコンウィークリー狙ってるの、後から知ったんですよ。iTunesで買っちゃったんだけどカウントされてるのか、してなかったらショックだ。アルバムはカウントされるところで予約しよう、せっかくだし。

いつもはCD複数枚購入って理解できないんですよ。出版畑だからか。「新刊5冊購入で綿矢りささんと握手!」とかないですからw(おまけ商法って意味では似たような流れにはなってますけど)。

でも今回ばかりはそうやってさ、「選ばれる側」で苦渋をなめさせられてきた彼女たちを、なんとか「選ぶ側」にしてあげたい、そのためにはオリコンランキングだ的なファンの人の気持ちがすごいわかったというか。…なんだろう、ネギって大抵”脇役”扱いだけど、ネギマとかネギないと成立しないし、むしろ私ネギの方が好きなので。

うまいこと書こうとしたけど書けなかった。

 

超どうでもいいけど、Negicco知る直前に何聴いてたかなと思ったらコレですね

はげちらかしたおっさんが金属バットでポリスに殴りかかるようなゲームのことを考えていた者がNegiccoに出会って無事更正するまでの記録でもございました。