読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enmotakenawa.com - blog!!!

円茂竹縄ブログ

ClipStudioPAINTで印刷原稿の着色した所感

印刷用カラー原稿19ページ(用紙サイズA4、350dpi、Windows7/32bit)を着色作業してみたわけですが、結論からいうと特に問題なかった…と思います。

CMYKだと本当はPhotoshopが一番信頼あるんですが、こと漫画原稿となるとセルシスソフトの方がありがたい機能がたくさんあるので…。セルシスソフトで塗った後PSDに書き出し、Photoshopで開いて最終的な色調整をしています。

ClipStudioの何がありがたいかというと、やはり連続ページでガンガン開いて塗っていけることですよね。ComicStudioからの継投で「作品ファイル」という形式があるので、複数ページを一つのまとまりとして開くことができます。
PhotoshopやIllustStudioだと一枚ずつ開くことになるので、次のページを開きたいときにショートカット一つで送れないと。何枚も開いてると重くなりますし。それがないです。

以前はClipStudioも作業してるうちにだんだん重くなってきて、「こんなんで本番原稿いけるのか…?」という不安があったものですが、アップデートがあるたびにスムーズになってると思う。印刷用カラー19ページなんてのも原稿サイズは大きいしレイヤーは増えてくし、かなり重いはずなんですが、いうほどの不満はなかったです。
なによりClipStudioはUIが気に入ってるので、使えればすぐ使いたいソフトです。

思ったこととしては、

  • ラスタライズは空の新規レイヤーを作って統合したほうが早い(と思う)

トーンやグラデーションなど、やり方によって一部、自動的にマスキング&調整ハンドルが付与される機能があるんですが、放っておくとどう考えても重くなる感じするので、すぐラスタライズしてしまうクチです。で、ラスタライズは該当レイヤー右クリックでできるんですけれども、それより、空の新規レイヤーを直上に作ってctrl+Eで統合してしまったほうが反応早い気がします。

  • CMYKはやっぱりスライダーが動く

IllustStudioも、Photoshopですら確かそうなんですが、ファイルをまたいだりページをまたいだりすると描画色のスライダーがわずかに動くんですよ…。この件についてはどうしようもないんだと読んだ記憶もありますが、色関係はちょっと、動くな! と言いたいことがあり。手作業で元に戻しています。

  • CMYK原稿の書出しは遅い

けっこう時間かかります。が、まあ、一晩かかるとかいうわけでもないので。漫画原稿はサイズも大きいですし。

    • -

大きなところはこのへん。細かい不具合っぽいのもあった気がしますが、まあすぐ修正されるんじゃないかな…。

ただ、モノクロ原稿はカラーより重くなると思う、最後までトーンのラスタライズができないので。書出し以前にやってしまうと網点が汚くなるんだとかで、これはComicStudioも同じです。重さについては、もしかしたらOSが32bitだからかもしれません><
また個人的に、ClipStudioの筆圧調整がうまくいってないのか、ComicStudio以上に描線が気に入らないので、なんだかんだで線画やモノクロ原稿はComicStudioで行っています。