読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enmotakenawa.com - blog!!!

円茂竹縄ブログ

映画『ペンギンズ・ザ・ムービー』感想

f:id:enmotakenawa777:20150407235014j:plain画像は過去ポストから><

映画ペンギンズ、ユナイテッド・シネマで期間限定の独占劇場公開&配信セル/レンタル&Blu-rayも一部で先行販売(?)中!

映画『ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー』オフィシャルサイト| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント

劇場行くまで待とうと思ってたけど我慢できなくて配信レンタルで観ました。よかった~。20世紀FOXのファンファーレも個人的にガン上がりでした。

マダガスカルシリーズというよりはTVのペンギンズシリーズが好きな人へオススメです! 今NHKやディズニー・チャンネルでやってますけれども…って、この記事読む人は大抵観てるか。もちろん私も観てます!

特にお子様がTVシリーズを気に入ってる方はぜひぜひ。たのしいキッズムービーだと思います。

マダガスカルシリーズとペンギンズ

以前も書きましたけど、特にマダガスカルシリーズは「子供が喜びそうな動きを外さない」ですよね。低年齢のお子様ウケがよろしいというのが特徴かと思いますし、私がマダガスカルシリーズ大好きな理由の一つでもあります。大人が「泣けました!」といってるのはいいんだけど、その横で子供がポカンとしてる“子供向けアニメ”ってやっぱり本末転倒だと思う。

そして大人もシュールなセリフが脳みそくすぐられます。作品の描く内容も、よく考えると「これは人間社会にもそういう一面があるんじゃないかなぁ」などと思わされますね、単純な人間社会の動物化というわけでもないんですけれど。基本的に“動物同士のドラマ”なんですけれど。

マダガスカルってそういう作品だと思ってて、このペンギンズにもそういった一面があるかと思います。隊長はもちろんペンギンですが、人間のボスよりボスらしいですからね。

ただそれらも、“よく考えれば”という但し書きつきなんで、よく考えなくても楽しめるのが大変よろしいですw

マダガスカルシリーズにおいて私は「ペンギンズこそ“意志”」と言いはっていたわけですけれども(だってほとんどの元凶であり解決策だしw)、その意志のみが抽出された作品でどう映画規模のドラマを展開するんだろう、というのが個人的見どころではありました。ペンギンズに入れ込んでる人なら泣くまであると思います、えぇ。

以下ネタバレも含めて。日本語吹替での鑑賞です!

《クリックで表示》

指揮権を渡す隊長

心情的につらかったのが、まず隊長のくじけですよね…! リーダーシップを奪われる隊長をみるのがこんなにつらいとは。でも隊長さすがですよ、「新人を助け出せるなら」とノースウィンドに従うことを表明します。

彼らのプレゼンは実際に(音楽までつけて)圧倒的であったわけですが、いかに隊長が部下想いであるか、またコワルスキーやリコの方もいかに隊長想いであるか、というのがみられるシーンです。チームとはかくありたい。

…なんだろうな、私、マダガスカルでは「友情」が、カンフー・パンダあたりでは「家族愛」が主なテーマかな、と思ってるんですが、映画ペンギンズは上下関係含めた「チーム」を描きたかったような気がする。

崩壊する新人の「かわゆさ」

つらかったといえばここですよ! TVシリーズではマシンをオーバーロードさせるほどのかわいさの新人ですよ。かわいさが彼の最大の武器であり、取り柄なのです。

映画前半では「自分にはそれしかないのか」的な失望の対象になっているわけですが、新人は自己犠牲の精神をもって、その唯一の武器を皆のために使いますよね。それがなくなったら彼には何も残らないかもしれないのに。ケツハンドまで生やして!

ケツハンドやばかったな、「そんな、ダメだ、新人!」と思う一方でものすごく演技するケツハンドが、彼の決意の強さを表してるようでもあり、究極にバカバカしくもあり、泣きながら笑ってしまうという体験をしました。

こんなん初めてかもしれん、DWAでは斬新なことをさりげなくやってる作品が多いと思うんですけれど、笑いと悲しみが、しかもかなり振り幅大きいやつが同時に襲ってくるという、これ快挙なんじゃないですかねw

「あれは…まさかケツハンド!」ってあたかも既成概念かのようなコワルスキーの口ぶりもおかしいよなぁw 彼のなかでは科学的常識なのかもしれないが。

コワルスキーといえば、うまく通信できないデイヴへの声優さんの演技が妙に真剣味あって笑った。音声が入ってないよ! だったかな。彼にとってコンピューターうまく扱えないとかガッカリ以外の何物でもないですからね。しかもサイエンティストがね。

まあでも違うんだ、新人はなにより勇敢だ。かわいさが無くても、それこそが彼の取り柄だ。

リコの魅力に気づいた

最初の方の、アジトであのパック飲み込んだあとのウィンク、かっこよかったですね! そうか、リコにはそういう魅力もあるのか。

音楽

Wikipediaみたらローン・バルフェさんという方なんですかね??

私的にマダガスカルシリーズとカンフー・パンダシリーズが特に音楽の印象が強くて、しかもアニメーションとのハーモニー、マリアージュが「これぞ映画」って感じでした。今回もそういう見せ方聴かせ方を念頭に置いてくれたように思います。

…子供向けはねえ、特にそういうとこ大事だと思いますよ、一流クリエイターが映像の喜びだけでなく音楽の喜びもリードしてくれるのは。しかもドタバタコメディで楽しめるとあれば!

案外、映画音楽の使われ方も「なんだこりゃ」ってのたまーーーにありますよ、タイトルは挙げないが世間的にヒットしたなかでもちょっとどうかと思ったものあった。そこいくとペンギンズはバリエーションあったんじゃないかなぁ。ストーリー上、各国の音楽が入り。その意味でも「良いキッズムービー」だと思いました( ´•.̫ • ` )

---

あと近頃テロの話題あったので。デイヴの主張にちょっといろいろ思ったな。最終的に自分にメリットがなくても構わないという。

このくらいにしとこうか、キリがない。もうちょっと、TVシリーズで見られるような、4匹の特性をビシっとわからせてくれるシーンとか欲しかった気がするし、全体的に漠然と、映画としてもう一歩踏み込めたんでは、と思わんでもないですが、この際いいです。

なにより限定とはいえ日本公開&ディスク発売されたことですよ~、ペンギンズが映画になるって数年前に読んで、まさか公開されないかもしれないとは思わなかったもんなあ…。吹替もTVシリーズでなじみのある方々で嬉しい(ジュリアンだけ違いましたか?)。これから英語版の俳優さん聴く楽しみもあるし。

そういや、TVシリーズもちゃんとDVD出るんだろうな…。それ今心配なんですが、どうなんですかね。ジュリアンのシリーズとか、マダガスカルのTVスペシャルだっけか、観たいのいっぱいあるんだけどなぁ。 

しかし、あれだけ広く威力をみせた新人のかわいさをもオーバーホールしてしまうモートのかわいさですよね。ジュリアンといい、いっつもペンギンズ困らせるし、案外あの世界、キツネザルが最強なのかもしれない。