enmotakenawa - blog!!!

円茂竹縄ブログ

隙間漫画屋の本ですら違法アップロードされてるくさい話

お、おう…。くさい、というか完全にアップロードされてたのを確認いたしました。

TwitterアカウントなどでたまにURL貼りつけて宣伝することあるんですけれど、いつもブラウザブックマークから飛んでるので気づきませんでした。ご関係の皆様へは発見遅れましたことお詫び申し上げます。

いや正直どちらかというとニッチな活動範囲なので、世間のコミック海賊版の話題に問題意識はあっても、自分のは目つけられてないだろうって思ってたんですね。憂き目にもれなく遭っていたようです。

あのねこのジャンル本当に零細なので違法アップロードやめてくださいorz

…とかいっても届かないんでしょうし。いたちごっこですよね…。というわけで、ご関係の皆様へ若干お願いを書き残します。こっちも届かない向きあるんだろうけど…w

版元さんへ

誠に恐れ入りますが、可能なかぎり海賊版の発見、さらにはDMCA申請にて、せめて検索結果からの除外をご協力願えればと存じます。と申しますのも、個人連絡先をあわせて提出しなくてはならず(公開されます)、また、版元の企業名で申請していただいたほうが説得力があって通りやすいのではないかと…。

「いちいち検索チェックしてらんねえよ!」というのは本当にお察しいたしますが、なにより御社のためです!! と真顔で。なにかうまい仕組みが構築できたらいいんですけれどね…。

 

また、私の関わらせていただいた書籍のなかで、「ちょっと電子書籍としてのルックが…!」という仕上がりになっておりますものが若干ございます。

電書ウォッチャーとしてはフォーマットの仕様なのではないかと思うんですけれども、なんぼなんでもお買い上げいただいた方にこれでは…、という気持ちを禁じ得ないものがございましてですね…。

電書版は読み味が今ひとつということになりますと、紙書籍の自炊なんですが、「そこまで手間かけたくないしタダだし、海賊版でいいや(´・~・`)」ということになりかねません。どうにかして端末閲覧に最適なかたちに整えていただけないでしょうか。

 

電書に関しましてはKindle Unlimitedなど、読み放題サービスへの登録も一考ではないかと思われます。昨今情報収集したところによりますと、少なくとも個人出版においては「ストアは落ちてもアンリミ売上は落ちない」なる結果がしばしば報告されているようです。

書店さんへの販促につきましても、ご用命あらばご相談くださいませ。存外に協力いたします(´-ι_-`)

以上、もろもろご検討いただければと存じます。

読者の方々へ

ここでは再三書いておるのですが、私は内容がどんなものかお確かめのうえ、納得してお買い上げいただくのが理想です。できればまず書店さん店頭でパラパラ見ていただければと思っております。

ただーーー、書店の減少や、また、昨今の出版事情もあり、店頭配本が充分でないことが推測されます。

この場合、(内容をすべてお見せできないのが心苦しいのですが)電書版のサンプルをご覧いただくか、各所レビューをご参照いただきたく存じます(電書版が一部、妙な仕上がりになって読みにくいものありますが、紙書籍は普通に組版されています)。

また、できるだけ多くの方に試読いただければとの思いから、私個人で図書館など公的な場所への寄贈活動を行っております。施設名や住所、ご担当者様のお名前など明記のうえ、

mail★enmotakenawa.com

までご連絡ください(★を@に変えてお使いください)。

めちゃくちゃ殺到した場合にすべてお答えできない状況になるかもわかりませんが…。個人でのトライアルなのでご容赦くださいm(_ _)m

---

以上、おったまげたので書いてみました。世知辛い世知辛い

文庫版『マンガ財務諸表入門』のAmazonランキング(平均)が年々上がっているようだという話

これシェアしていいのかなw まあ誰でも見られるサービスなので。

2013年に発売されました こちら↓ なんですけれど、たまーにAmazonランキングで駆け上ってくることございまして、今現在(2018/06/12:22時頃)でもビジネスコミックランキング12位、サンマーク文庫内で2位と、大変ありがたいことになっております。

(文庫)マンガ 財務諸表入門 (サンマーク文庫)

(文庫)マンガ 財務諸表入門 (サンマーク文庫)

 

で、Amazonの売上ランキングを一覧できるサービスがありましたので、興味本位で検索してみました。*1

https://mnrate.com/item/aid/4763160257

発売されて以降、すべての期間の「本」カテゴリでのランキング推移がこちら。

f:id:enmotakenawa777:20180612215938j:plain

最初ブレが大きいものの、着々と下(上位)にへばりつく動きを見せております。

直近3カ月がこちら。

f:id:enmotakenawa777:20180612220501j:plain

平均順位が20000以上あがって6331位……!

ありがとうございますありがとうございますm(_ _)m

これけっこう珍しいと思います、最初がよくてだんだん売れなくなってくるのが常かと思いますし、またこの財務諸表入門って文庫で“出しなおしたもの”なんですよね。これ以前にソフトカバー版がございます。

無論私だけの力ではございませんで、運良すぎといったほうが正しいか。

何かプロモーションをかけていただいてるのかもしれません。もちろん重版のお知らせって逐一いただいてるんですけど、数字でみるとありがたさが増します。昨今、重版のハードルも相当高いらしいですからね…。

確認したかぎり最高位は523位のようです。「ビジネスコミック」などの小カテゴリでなく、「本」全体でこれはありがたすぎです。…あんまり伝わらないと思うけど、だって「“あの”ONE PIECEまで520人くらいしかいない」んですよ!!!??? 

私、この期間なにかしたかというとまったく何もしておりませんので、ハテ何かせねばという気持ちにもなってきますが…。また勝手POPでもかこうかな。

あ、ちなみにAmazonランキングの話なので、たとえば同じ順位でも相対的に何冊売れたかは別の話です。

ーーー

そんなわけで、書店さんでお見かけになりましたら引続きよろしくお願いいたします!

おそらくサンマーク文庫の棚にあります。

過去のソフトカバー版は文庫より大きな判型になりますが、もう置いてるお店少ないかもしれないのと、文庫版よりお高いです。

Kindle版はスマホ読みはちょっとツラいかな~できるだけ画面の大きなデバイスをおすすめいたします。電書は各ストアにサンプルございますのでご確認ください◎

(文庫)マンガ 財務諸表入門 (サンマーク文庫)

(文庫)マンガ 財務諸表入門 (サンマーク文庫)

 

あっちなみに月例の連載もあいかわらず各所で続けさせていただいてます!

なかなか一般的に見ていただけるものではないかもしれませんが、ご縁ございましたらよろしくお願いいたしますm(_ _)m

*1:本来は、価格変動を調べて、お得なときに買ったりするためのサービスです

Wacomのドライバアップデートを適用後、クリスタやSAIなどで描画位置がズレた

【2018/06/12:赤松健先生のツイートを追記】

こちらでイマイチな場合、下記をお試しくださいということで。

---

今までこんなこと起こらなかったんだけどなあ…。解決手順としては、

  1. 現在のWacom製品の設定をバックアップする
  2. Wacomドライバダウンロードから旧ドライバをダウンロードし、インストールする

になります。

1.現在のWacom製品の設定をバックアップする

Wacom「デスクトップセンター」でバックアップがとれます。おそらくPCに入っています。

f:id:enmotakenawa777:20180606220552j:plain

文字通り、上がPCに保存、下がWacomクラウドに保存するかたちになります。Wacomクラウドを利用するにはアカウントが必要ですが、アカウントさえ作っておけば、クラウドからいつでもどこでも設定が復活できるみたいな感じです。

2.Wacomドライバダウンロードから旧ドライバをダウンロードし、インストール

Wacom|ドライバダウンロード

問題の起こらなかった一つ前のドライバをダウンロードしてインストールします。

インストール方法はドライバのダウンロードページに案内されています。

 

…あとは、ここまでのトラブルがあったらすぐさま修正されると思いますので、Twitterなどを検索し、様子見でアップデートしましょう(´-ι_-`)

アップデート前には設定のバックアップを取ることをクセづけるとよさそうです。

身近な性被害

Twitterで、りょうたっちさんが始められたアンケートに注目しています。

こちらは女性版。

 男性版。

性犯罪被害者相談電話(全国統一)「#8103(ハートさん)」|警察による犯罪被害者支援ホームページ - 警察庁犯罪被害者支援室

 

Twitterのこれ、設定した期間が終わるまでは、いずれかに投票しないと回答状況がみられない仕様なんですが、「閲覧用」という回答を抜くと、かなりの比率で被害に遭っていることがわかります。

男性版の回答がほとんど「閲覧用」なのは、やはり女性のほうが関心が高いからでしょうか? しかし、閲覧用以外の回答で被害比率を考えると、こちらもとんでもなく高いです。

ここ数年、ネットの痴漢周りの話題などみておりますと、「そんなに性被害がありふれたものだとは思わなかった」というような反応が、とくに男性と思われるアカウントから寄せられているのを度々目にします。

が、これはもう、性暴力被害は身近にいくらでもあるんだ、という前提でいなければいけない。

 

私も、小学生くらいまで大なり小なりよく被害に遭っていたんですが、自分以外でこれほど多いものだとは思っていなかったところがあります。

小学生時分ですと、そもそも身体を触られるのが何故こんなにも不快なのか、それすらよくわかっていなかったように思われ、ひいては、友達や親との会話でも「こんなイヤなことがあった」という表現がハッキリとできずにいたように思います。

成人してかなり経った今でも、日常会話が性被害の話題になる流れってあまりないですし、また、相当「話さなければ」という気持ちにならないかぎり、自分からきりだすことでもないように思ってしまう。

そうして、語られない性被害が暗がりに積もっていくのでしょう。

一旦ライトが当てられたらこのありさまだ、というのは私にとっても衝撃でした。

言いだせない被害者たち

極めつけはこちらのエントリです。性暴力についての記録ですので、お心あたりある方はフラッシュバックに注意してください。

note.mu

読んで、あまりの出来事に、やり場のない怒りを強く覚えました。

最悪の被害に至るまえに、なんとか断ち切れなかったのか? 

私はこの疑問と、「カジュアルに性被害を語れない」状況に関連をみる思いです。当時のハラキリムシさんに訴え窓口がもっと開かれていたら。「あり得ること」として受け止めてくれる大人が周囲に多くいたら。こんな事件は防げたのではないでしょうか。悔やまれてなりません。

少しでも厭な気持ちになったら誰かに相談できる、また、聞かされたほうはあり得ることとして受け止めてほしい。そういう世の中になっていってほしい。いっそのこと、天気を話題にするように「今日の痴漢」について語られまいか。

首都圏ですと、電車内の痴漢についてよく話題になりますが、交番に掲示されている交通事故数のように、「今日の痴漢被害報告」が数字として可視化されたら、少しは人々の意識も変わるのかもしれません。

克服できたケース

さきほど「私もよく被害に遭っていた」と書きました。小学生の頃です。

こちらもまた、読者のフラッシュバックを招きかねないので詳細記述は控えますが、そのうち最もきつかったものは、白昼堂々、そこそこ人通りもあり、しかも近場に同行者がいたところで通り魔的に被害に遭いました。自衛という話ですらなかったですね。

数日にわたって感触が残り、振り払えなかったのを覚えています。被害に遭ってから10年以上、人に話せませんでした。

しかしながら、現在の私は、さほどトラウマとして残っておりません。

これは、中学時代の同級生が言ってくれた一言によります。

 

中学生となって性的好奇心が増す頃、同級生(共学)の間で「アダルトビデオをみてみよう!」ということになりました。小学生までかなり厭な思いをしてきた私は乗り気になれませんでしたが、自分のなかに沈殿したそれを乗り越えられるかもしれないと、同性の同級生の家で一緒に観ました。気分が沈みました。

後日、「観たよ!」ということでワイワイと会話が繰り広げられたのですが、私はたまらず、「あのビデオは女の人が嫌がっているようにみえた。そうして無理強いするようなのが観ていて心地いいのか?」と問うたところ、一人の男子が、

「いや、相手が本当に嫌がってるようなのは俺も嫌だよ」

と明言し、周囲の男子も「ああ~…わかる…」と同調するような空気になったのです。

 

それで一気に肩の荷がおりた気持ちになりました。“強要をよしとしない人もいる”というのが実感をともなって把握できたからです。

中学以降、私の場合は性被害はほぼなくなりました。遭っても成人後で、精神的にもかなり強くなっており、少なくとも後日まで引きずって鬱々とするようなことはなくなりました。異性に対する恐怖心も、植えつけられるすんでのところで回避されたのは幸運という他ありません。

痴漢を告発する側の苦悩

かように、「性被害がありふれている」はずの世の中なのですが、とくに電車内の痴漢は、世間の認識の甘さゆえか、告発する側も厭な思いをすることがあります。

数年前、知人が痴漢と目される人物を駅員に引き渡したときもそうでした。

 

電車が混雑する時間帯では、乗るときもそれなりに流れにまかせる人が多いかと思いますが、人をかきわけるようにして奥へ向かう者があったそうです。

最初は、「なんだこいつ、なんで人を押すんだ。迷惑だな」としか思っていなかったそうですが、そのうち、携帯を見ながら、どうもモゾモゾと動いているようにみえる。そしてその前には女性がいる。

「もしや痴漢か?」との考えがよぎったので、終着駅で降りたときに呼び止め、「あなた何かしてませんでしたか?」と聞いたところ、突如駆け出したと。

紆余曲折あり、結局、確保して駅員さんに引き渡したのですが、その頃には被害者と目される女性からもはぐれ、駅では一騒動になったようです。

そこまではまだしも、その後、ふと思いたって、Twitterで駅名や痴漢などのワードで検索してみたところ、「騒ぎすぎ」「冤罪だったらどうするんだよ」などと揶揄する言葉がずらり。たいへんな気落ちを覚えたそうです。

 

個人的には、「何かしていなかったか?」という質問に対して、心当たりがなければ一瞬キョトンとするのが普通かと思います。痴漢、またはスリなど、「何かしていた」のでなければ、たちまちのうちに駆け出す行動は、私は考えにくいと思います。あるいはよほど普段から冤罪を強く意識し、警戒していた方なのでしょうか。

 

驚くべき後日談としては、数年後、その人物と再会したんですね。

このごろにしては特徴的な青いフィーチャーフォン、特徴的なストラップで同一人物だとわかったようです。また何かするのではないかと注視していたら目が合った。

その車内で「何か」をしていたのかどうかまではわからなかったのですが、終着駅で降りたあと、それとなく目の端で行方をみていたら、改札を出ることなく下りの電車に乗ったそうです。

被害を抱えこんでいる人へ

上にも貼りましたが、性犯罪被害相談ダイヤルというのがあるようです。現在進行で被害に遭っており、相談先がわからない、とくにお子さんなどには周知してあげるといいと思います(こういうの、実際どのような対応をしてくれるか不明なのですが、支えになる対応を願います)。

www.npa.go.jp

また、過去に起こったことについては、私は一人で抱えこんでいる期間のつらさもわかるつもりです。

人に言ったからといって過去がなかったことにできるわけではないのですが、もし抱えきれないときには、カウンセリングという選択肢はもとより、信頼できる人に思いきって話してみる選択肢はあると思います。

きちんと苦しみを相談でき、社会全体で考えられる世の中になるよう、願ってやみません。

ガバガバ著作権

 先日話題になりました、こちらのエントリ

ひとつの本屋で起きたこと。 | 本屋でんすけ にゃわら版

の後編、

“にゃわら版”は誰のもの? | 本屋でんすけ にゃわら版

に紹介されていた本を買って読んだのですが。

はじめての著作権法 (日経文庫)

はじめての著作権法 (日経文庫)

 

 や~おもしろいのでぜひ。ベテラン書店員さんがおすすめするだけあります。

雑談も多くてタイトな本ではないかもしれませんが、もちろん基本的なことはきっちりおさえてありますし、近年の新しい例などもふんだんです。著作権マニアなんているのか…w

「わかったつもり」を見直すのにおすすめです。

===

なんで読んだかっていうと、近頃「ん、著作権法的にそれいいの…?」って例をちらほら見ていて。

個人的に、お客さんの立場のひとがファン行為的にアップロードするものについては別に気にならないんですよ。ただ、クリエイティブに近いらしいひとまで「他者の権利にちょっと無頓着じゃないかな…」という例があり。みてるうちにだんだん、訳わかんなくなってきた。

先のブログの方も「間違ったことを堂々と主張されて不安になってきた」というようなことを書いてらしたかと思うんですけど、そんな気持ちになってきたわけです。

まぁ、著作権については親告罪ですから、権利者が申し出ないかぎり、すごい「罪!」ってわけではないはずです(だよね??)。

===

ひとつは、たしか広告系のディレクターかなんかのお仕事されてきた方が、国民的アニメの、おそらくキャプチャ画像をご自身のアイコンとして設定してらしたこと。「そーーれは~~~…。基本的に許諾がいる…のでは……???」と思って眺めていた。

くりかえしますがファンというだけでなく、クリエイティブに近いお仕事されてたという、そのプロフィールを売りになさってる方だというのが私を唸らせました。

で、これ、許諾をとってたとしても、できれば他の人が創作した世界観を踏み台にしないでほしいというか、せめて自分で描いたファンアートとかね。もろキャプチャは、「ああこのひとは自分で繰り広げたい世界観がないのかな」って思っちゃう。

あるいは、クリエイティブの権利を大事にしないひとなのかな、とか。

なによりお仕事への影響があんまよくないと思うんですけどね。と、思って、さっき検索したらアイコン変えられたのかな? ちょっとどの方だったか覚えてないんですけど。オリジナルに変えたんならそれでよかった。

===

また、とあるビジネス系有名アカウントが、「書籍の内容をイラスト化して紹介する」シリーズをしばらくやっていて、疑問でした。引用の範囲ではないと思うし、許諾がないなら翻案権かなにかに引っかかると思う。

そこんち、イラストがかわいくて私もわりと好きなんですけど、出典情報としては書籍のタイトルが画像の隅に書かれてるだけで、「許諾のある、宣伝ポストということなら書籍のリンクはったりしないかな~」と思っていて。どうなんだろう。

いうてあれは、無許諾でやられても悪い気しないと思うんですよ。力のあるアカウントさんだし、ほんとに宣伝になると思うし。

たださ、少なくとも私がみた数個のポストは、書籍タイトルが書かれてるだけで、著者名・出版社名もなく、リンクのひとつもないって、ちょっと情報元に敬意がないかな、と思ってしまう。

そう悪意があるわけじゃないと思うんですけど、御自分方もコンテンツの制作発表を業としてなさってるところなので、単純に、自分たちの有料コンテンツがそんなことされたらイヤじゃないのかと思うんですよ。

わかんないですね。裏ではちゃんと手を組んだステマ的なものなのかもしんないですし。今でもやってるのかな。

===

とまあ、「それはアナタ、御自身も業としてクリエイティブを扱っているのでは?」という向きまでよくわかんない行為を平気でしてるように見えて、だとすると、お客さんがどこまでセーフなのかわからなくなるのも当然かもなぁ、とか。

行き着く先が漫画村ですよね。話題でした。

くりかえしますが、現状、親告罪なはずですし、私自身侵害することがあるかもしれませんし、あまりうるさい世の中になるのもどうかと思うので、まあ「基本を踏まえたうえで、良識の範囲内でひとつ…」と、気をつけてくしかないですね(´・_・`)