enmotakenawa - blog!!!

円茂竹縄ブログ

CLIP STUDIO PAINTとPhotoshopで2色原稿をつくる

これまで3~4回、2色原稿をやったんですが、このやり方で問題ない様子なので、とりあえず自己流の自分用メモ公開です。2色はやり方がいまだによくわかんないんですが、手順を書いてくれてる人があまりいないように思う…。

アナログ原稿や一般の漫画雑誌だとたしか印刷所で色分解してくれるんですが、まぁ手元で狙いどおりのファイルができるに越したことはないと思うわけです。

2色の手順、どなたかいいのをお願いします。

2色原稿とは

f:id:enmotakenawa777:20190530231937p:plain

通常の4色原稿

f:id:enmotakenawa777:20190530231816p:plain

2色原稿。チャンネルここまで削除しなくていいのかも…

2色原稿とは、最終的にPSDのCMYKチャンネルが2つになっている原稿です。通常はK(ブラック)と、指定された1色(大抵シアンかマゼンタ、特色指定されることもあります)です。

見た目の2色ではなく、チャンネルの数です。黒に見える色をとっても、CMYKカラースライダーでみると、4色が混在しているケースがあります。Photoshopでの処理が必須です。

色の指定は編集さんに聞いておきます。特色を使う場合も、近い色で塗ったほうがイメージがつかめると思いますので聞いておきます。*1

1,原稿設定

CLIP STUDIOの原稿設定は基本「モノクロ」にします。

クリスタって原稿設定にかかわらず、カラーレイヤー/モノクロレイヤーが両方置けると思います。基本モノクロで描いて、彩色だけカラーレイヤーを作るのがよいと思います。

2,線画をかく

線画までは普通に描きます。モノクロ原稿と同じく、色は1色固定、アンチエイリアスは切っておきます。レイヤーのフチ効果もアンチエイリアスはOFFにします(切っておかないと後の処理が面倒なので)。

また、「色でペン入れしたい箇所」などは残しておきます。

3,トーン貼りと着色

f:id:enmotakenawa777:20190531002534p:plain

レイヤー構成はこのようにしています(クリックで拡大)。

個人的に、基本線トーンは、レイヤーあるいはフォルダへトーン効果を付与することによって貼っているのですが、2色原稿の場合、フォルダにトーン効果を付与する格好だと書出しがうまくいかないので*2レイヤーごとにトーン効果をつけています

着色レイヤーは、印刷イメージに近い色でレイヤーカラーを付与しておきます。不透明度をいくつか設定しておくと具合がよいのではないでしょうか。

レイヤーセットを作っておくと便利です。

のちほど、赤枠のなかがブラック、青枠のなかがシアンにまとまります。

まとめる予定のレイヤーは近くしておくと吉です。赤枠と青枠が何層も重なる場合もあるかと思いますが、いずれにせよ、あとからの統合を考えておきます。

着色のコツとしては、夫いわく「薄い色から塗っていく」だそうです。

4,Photoshopで同色のレイヤーを統合

f:id:enmotakenawa777:20190531010332p:plain

レイヤーを分けたままCMYKで書出し、Photoshopにて同色にしたいレイヤーを統合してしまいます。

そして、各レイヤーにホワイトが残っていないかチェックします。ホワイトがある場合は色域指定で削除します。

下のレイヤーの描画が出てしまう場合は、その選択範囲のまま削除していきます(用紙の白がホワイトとして出てきている状態です)。

5,クリッピングマスクレイヤーを作り、塗りつぶす

クリスタでの作成は大抵4色が混在しています。カラースライダーでの調整は(なぜか)限界があります。

ただチャンネルミキサーをいじっただけでは、主線が「シアンがかったブラック」などになることがあります。別にそれでもいいかと思うのですが、いちおう主線は主線、着色は着色、というふうに、純粋なブラックとシアンにしていきます。

f:id:enmotakenawa777:20190531012637p:plain

f:id:enmotakenawa777:20190531012937p:plain

各レイヤーにクリッピングマスクレイヤーを作り、それぞれブラックのみ100%、シアンのみ100%で塗りつぶします。

複数ページを処理するなら、アクションを作っておくと便利かもです。

このとき、ホワイトが残っていると、ホワイトの部分まで塗りつぶされてしまいます。色域指定で選択範囲を作り、そこだけ塗りつぶすのもアリなのですが、色の指定範囲がめんどいことが多々ありますので、私はこのやり方です*3

チャンネルタブを開き、必要なチャンネル以外は目のマークを消しておきます。

---

以上です。

…私はここから、念のために不要なチャンネルを削除してたんですが、検索したら消さなくてもいいのかなと?? 2色の機会がそこまで多いわけではないので確認してないですorz

さて、そんな調子でかいたのがこちらになります。このときはブラックと特色だったんですが、特色の部分はマゼンタでいいと言われました。

プロジェクトを成功に導く システム外注の教科書

プロジェクトを成功に導く システム外注の教科書

 

 

*1:特色指定まではまだやったことがない

*2:CMYK書出しするとなぜか網点で出力されない

*3:アンチエイリアスがかかってる部分があるとここでしんどい

DAZN、お気に入りチームの登録方法

わかりにくかったので書いたろ…。

DAZNスマホアプリでお気に入りチームを設定し、試合の通知を受け取る方法です(たぶん)。

1,アプリを開いてお気に入りチームの放送予定試合を探す

アプリのトップから「スポーツ一覧」で目的のカテゴリに入ると探しやすいと思います。放送予定は明後日でも“まもなく配信”のところにあります。明後日って言うほどまもないか??

f:id:enmotakenawa777:20190407190927j:plain

2,時計のマークを押す

すると対戦チームそれぞれの時計マークが現れますので、チェックを入れます。

f:id:enmotakenawa777:20190407191141j:plain

以上。隣のオトーサンに教えてあげよう!!

近代セールス様、新シリーズ

f:id:enmotakenawa777:20190406161849j:plain2019年4月15日号より新シリーズ始まりました。作画させていただいてます…ってなんかまた写真がボケてるな…。

近代セールスさんでももうずーーーっと何かしらさせていただいてるんですが、久々にドラマ性が高くページ数も多いタイプのお仕事で、わりとウキウキしております。

シナリオや大まかなキャラ設定は先方から渡されるんですが、それを受けて主人公女子をメガネにしてみたところ、「もしかしたらメガネ女子が主人公は初かもしれない…!?」的なことを担当さん仰ってまして。

以前本社にお伺いしたとき、創刊60周年・1000号以上というバックナンバー数に圧倒されたんですけれども、そのなかで初めてだとすると、なかなかこれは個人的にアツい感じです。

お見かけになりましたらよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

m3.comさまにてシリーズ

公開されました(⦿_⦿)

…と、プレビューカードが貼れるのはいいんですが完全会員制サイトなので会員さん以外はみられません。あしからず。

medicalai.m3.com

medicalai.m3.com

エムスリードットコムさんは日本最大級の医療従事者情報サイトです。このたび「医療用AI」をテーマに取材コミックを描かせていただくことになりました。

近年さまざまなところでAIを用いたシステムが導入されはじめていますが、医療現場に関しても例外ではないと。

私などは患者としてしか病院に行きませんものでちょっとびっくりしたんですが、「そんなの自動化したほうがいいというか、しないといかんでしょ」と思うような、膨大な手間が部分的にあるようで、解決すべくいろいろな製品が開発されています。

個人的には機械化できるところはじゃんじゃんすべきという考え方なので、今回の製品も「なぜ今すぐ認可しないのか???」と思ったくらいですが、医療用となるとやはり間違いが起きてはいけないので、法律でハードルが設けられています。

そのへん、丁寧にかこうとすると文字数がやたら多くなってしまい申し訳ないのですが(´-ι_-`)、医療関係の皆さまにて活用の議論がひろがるといいなぁ、と思っております。

www.amazon.co.jp

 

液タブに保護フィルム貼った(2回目)

f:id:enmotakenawa777:20190214224315j:plain

Bingの壁紙おすすめです

ワコムの液タブ22HD、じつはその後1台目の調子がおかしくなりまして、予備の2台目を設置しておりました。わりと長いこと素のまま使っておったんですが、やはり保護フィルムがあったほうが書き味に影響が出る気がする…。

というわけで、今さら保護フィルム貼りました。

貼った商品は前回と同じくこちら。

 

ブルーライトカット機能についてはアレなんですが(前回のお話)、書き味が何も敷かないよりは落ち着くように思われまして、同じ商品にしました。

いまや特別にアプリを入れなくとも、Window10にも夜間モードつきましたので、ブルーライト云々はもはやほとんど意味ないと思います。

保護フィルムを貼るコツなんですが、「商品の自重で端からゆっくりと下ろしていく」と、伊集院光さんか誰かが言っていた記憶があります。今回もそれにならい、ビッタリ貼ることができました。

前回2012年の時点では選択肢があまりありませんでしたが、今けっこう書き味に注目した保護フィルムがたくさん出ております。ペン先の食い方に変化出てきますので、液タブお持ちの方はお試しになってみてください。

お仕事させていただいた2冊出ました! よろしくお願い致します。

プロジェクトを成功に導く システム外注の教科書

プロジェクトを成功に導く システム外注の教科書