enmotakenawa - blog!!!

円茂竹縄ブログ

予想以上にショックをうけて、混乱している。

---

Hagexさんて、私はとくにファンというわけではなかった。

たまにいわゆる炎上騒動があると、よくシェアされてきたりするので、それで見に行くくらいだった。

それも、特定の人たち、「炎上芸」と揶揄されるような人たちに対しての書き方が、私にはおちょくりがすぎるように思えて、悪趣味だとすら思っていた。「ネットウォッチ」という、斜に構えたような言い方も好きになれなかった。

もしかしたら、Hagexさんなりに裏を掴んでいて、そこまで、おちょくりと取れるまで書いていい人たちなんだと、そう判断された書きぶりだったのかもしれないけど、そんなのわからない。

私はネット有名人も詳しくない。よく言及された中で知ってるのは、イケダハヤトさんやはあちゅうさんくらい。

でも、なんとなく、そういう人たちに対して「それでいいのか」と問いかけているようにも思えた。

それならそれで、もっと真摯な指摘の仕方があるんじゃないかと思いつつ、だから、好きではなくても、嫌いな人というわけでもなかった。

Hagexさんがお書きになった本は、興味あったけど、読んだことなかった。

---

被害者がまだ噂レベルだったとき、とっさに思ったのは「とてつもない言論空間への挑戦だ」ということだった。

直接知り合いだったわけでもない。ただ「そいつの言説が気にくわなかった」というだけで人が殺められるなんて、そんなことがあっていいわけない。

Hagexさんを「ネットリンチの親玉」と表現した匿名エントリが上がっていた。

おそらく犯人も似たようなことを思っていたのではないか。

でも親玉ってなんだ。

一人のひとが書いてたものが、結果、多くのひとに閲覧されてただけじゃないのか。

影響力の大小でふるまいを変えるべきとも私はあまり思わない。見る側が、賛同できなければ見なければいいだけだし(実際私もそんなに見に行ってたわけじゃなかったし)、フォロワーがどうあれ、自分の信じたふるまいをするべきに思う。

そして、ブログに書かれた内容へは、賛同も多かったけど、そうじゃないコメントもしばしばあったと思う。そういう、「意見のぶつけあい」を「リンチ」ととらえるのは、私が不見識なのかもしれないけど、よくわからない。

そりゃあ慣れてなければ、応対の能力を超えて、どっと意見が寄せられるのを怖いだろうとも思う。けど、インターネットは物理的にどうにかされるわけじゃない。ミュートなどで、見ないこともできる。

アクションを起こせば批判もある。私にはHagexさんも例にもれず、きちんと批判も浴びていたように見えていた。

よせるなら批判だ。

それがどうして刃を向けられなきゃいけないんだよ。

---

松本容疑者の動機については、まだ納得できるような報道が出てきてないけど、「彼を動かしていたのは、ある種の正義感なんじゃないか」といったツイートを見た。これも、おそらく本人そう思ってるのじゃないか。

ーーー

インターネットは止まらない。私はそう思う。

誰かがエントリをアップすれば、賛同した誰かが必ず引きつぐ。その連なりは、人ひとり殺めたって私は断てないと思う。

反論したい人たちはそれに横槍を入れる。そうして皆で考えていく。それがインターネットだと思っている。うまくいってないかもしれないけど。

松本容疑者は今何を思っているのか。そもそも何か思う思考回路があるのか。

人を説得もできない、暴言しか書けない、最後には警備の手薄をついて刺すしかできない。そんな人がインターネット上で影響力を持てるわけない。

アンチ「ネットリンチの親玉」になりたければ、自分自身でエントリを起こせばよかった。賛同者を集めればよかった。はてなはその場を用意してくれてた。

言葉さえ紡いでくれていたら、もしかしたら松本容疑者、私はあなたに賛同してたかもしれないのに。

---

Hagexさんと直接お知り合いだった方々は、ただただ悲しいだけだろう。皆さん、お人柄をしのぶことを仰っている。

abematimes.com

私も今さらHagexさんの本を読んだりしてる。

インターネットは顔が見えにくい。いつも見てるあのアカウントも、実際本人が書いているのかどうかわからない。一人にみえて複数人で運営されているものもあるらしい。

そうした騙りは私はあまり好きになれないし、信じやすいタチだから気に入らないわりには騙されやすい方だと思うんだけど、

口が悪いながらも、清濁あわせ飲む風情を残しながらも、側面を教えてくれるひとが、一人、この世からいなくなってしまった。

本当に取り返しがつかない。

松本容疑者、あなたは取り返しのつかないことをしたんだよ。

「岡本顕一郎」さんのテキストが、発言が、私はもっと読みたかった。

その機会は永遠に奪われた。

松本容疑者にどんな言い分があろうが、その一点において、彼のしたことは私にとって悪そのものでしかない。