読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enmotakenawa.com - blog!!!

円茂竹縄ブログ

雑文

仕事で出られなかったというか、こもりっぱなしな時期があったんで、最近ちょっと出歩いて、いろいろな人とご飯食べさしてもらったり、何だかんだしてるんですけれども。
こう、私いま30代初頭で、まあ、社会に出てだいたい10年くらいで。

で、この10年で、経験がチョボチョボと貯まりつつあるんだけれども、10年ぽっちじゃまだまだケーススタディーが足りないところもあったりするわけですよ。何回かそのケースには遭遇している気がするが、さて、今回はどうしたもんかな、と思うこともあったり。なんというか、「そういうことくさいな」、と思っていても、まだちょっと「どうなのかな」とも思っているというか。私なんかはいま組織に属しているわけじゃないので、自分で判断するしかないんですよね。

そのへん、例えば一回り年上の方々とお話さしてもらうと、「ああ、やっぱりそういうことだったか」と改めて確認するようなことが最近多い気がする。もちろん「ああ、違うのか」と思うこともあるけど。少なくとも、先方は私より10年やそれ以上経験があるわけなので、どっちの意見が信頼できるかというと、それはやっぱり年上の方だと思うんですよ、普通に考えて。
とにかくそういうことが多くて、いま丁度、それまで経験してきたことの答え合わせというか擦り合わせというか、そういう感じなのかな〜、などと思っているのだが、世間の同年代はどうなんだろ?? 私なんか相当悠長なほうかもしれないです。

思うんですけどね、年上の人のいうことは大概、頭の中にツバつけてメモっといたほうがいいような気がしますね。

丸呑みしてその通りに動く必要はないと思うんだけれども、「理屈としてそれはわかるけど、正しいのだろうけど、でも自分の手で、自分の考える内容で挑戦してみたいんだ」ってこともあるだろうし、私は正直20代そんな感じでした。で、それは結局、私の場合は結果オーライというか、自分で体験しないと本当にはわからないクチなんです、いろいろ。性根が暴れ者なんでしょうね。普通に損するし、迷惑かけることもあるから決してお勧めはしない。
ただやっぱり、そういう反抗期でも、先輩方が言うことは頭にはとどめておくといいと思う。「彼らの言うことは正しくない! 新しい道を自分が開拓するんだ」と、挑戦して上手くいけばそれでいいだろうし、でもだいーーたいねえ、先輩方の言うとおりになったり、するんだよねえ〜〜……。

まあ、世間にはまるでチンプンカンプンな大人が存在することもあるでしょうが、私が恵まれてるとしたらその辺で、異常なほどオーバースキルでどんだけ経歴あるんだよみたいな、経験豊富で真っ当に実績もあげている諸先輩方に、よく出会えていることですね。出会いのヒキはほんとに良いと思うな。