enmotakenawa - blog!!!

円茂竹縄ブログ

赤十字ポスターとかなんとか

togetter.com

これは描く側の特殊な目かもしれないけど、描き下ろしでないことはすぐにわかりました。本来ファン向け素材だったものが、公共性の高いところに使いまわしされて話題になるケースがちょいあります。その場合、あまりよくない方向で話題になる作品は気の毒だなと思う。*1

観測範囲では、「いかがなものかとは思うけれど、ポスターを取り下げる必要は無い」とのバランスが多く見られた気がしています。

私も取り下げまではまったく思いません。あきらかに期間限定で、献血時にしか行かないオープンスペースで、こんな明るいデザインのポスターですよ。献血ボイコットも、献血ってことの公共性考えたらあほかと思いますね…。

個人的に、「これはイヤだ」とただツイートしたりするのと、電凸などは少し違うと思っており。前者は感想の範囲ですが、後者は圧力になりうるので。

人によって問題としてる箇所が違うのがアレですが、おそらく大多数は胸の描写と思います。胸の描写が程度問題だというのであれば、抗議も程度問題で考えられたっていいじゃないですか。オタクvsフェミみたいのは、近頃どちらも「程度問題」から遠心分離してる向きがあって、これ以上の加熱が恐ろしいです。

いわゆる「乳袋(チチブクロ)」の話

以下はポスターを離れた一般論になります。

乳袋というものを「胸の大きな人がタイトな服を着たときに出るバストのシルエット」程度に考えてる人がある様子で、違うよ誰か書いてないのかよ! って思ったらpixiv百科事典に項目があった。

乳袋 (ちちぶくろ)とは【ピクシブ百科事典】

乳袋とは、普通の材質のを着ているはずなのにボディスーツのように布地がおっぱいに貼り着いて谷間下乳、乳房全体の形が露わになっている様。転じて「まるで服におっぱいの形をしたがついているようだ」という意味で作られた言葉である。

(略)

結論から言ってしまうが、あまりに現実的に描いてしまうと見栄えが悪くなるからである。
(略)
現実の衣類は乳房に限らず、漫画的な描写に反し、肌に密着せず、たわみ、膨らんでいる。特に乳房の下に布は張り付かないため、乳頭部分から真下に布地が下がり、胴回りが膨らんで胴体が太いように錯覚させてしまう

イヤこれですよ。現実にはそうならないから、コミック系イラストの絵描き同士でわざわざそう名付けた言葉なんですよ。フィクションの描写が必ず現実の物理やその他ルールに従ってなければいけないわけないですから。「正し」くはなくても、強さや勢いなど、なんらかの効果が得られれば漫画表現はOKなんです。

現実の女性の体型や市販の服で「乳袋」になることはありませんし、現実の女性に対して使っていい言葉ではないです。逆にいえば、乳袋は安易に再現できるような、そんな生ぬるいものじゃあないんです。

…正直、女性の胸って線画では描きづらいんですよ…。「正しく」描こうとすると少なくとも手数がかかります。

女性にとっては、毎日みる自分の身体であり、銭湯に行けば他人の裸も目にします。服を着るんでも、きれいに見せるためにしばしば苦心する箇所ですから、女性からみて「ω」みたいなの、違和感ある描き方なのは疑いがないでしょう。

ともかく、アイドルグラビアにしろファッション誌にしろ、身体ってそれだけで平面にしてキマるものではなく、魅力的に見せるために物理的な工夫がされていることはよく知られています。ポージング、ライティング、衣装への仕込み、ときにはレタッチや整形すらあるでしょう。

女性は平均的な脂肪のつきかたもなんとなく把握してますので、それすっ飛ばしたら「無いとは言わないが…おったまげたァ!」となる向きがあることは分かってほしいです。

 

このへん、じつは商業では「ちゃんと被服構造やポージング等でセクシーさは演出しよう」というのが主流になりつつあると思います。できれば皆ちゃんと描きたいんですよ…。

そして、普段から堅めのクライアントワークをする人たちはそのへんぜったいわかってますから、描き下ろしにおいて「ほっとくとセクシズムがあふれてしまう!」みたいな心配はご無用ですorz 『宇崎ちゃん~』についても、ポスターのための描き下ろしでなかったことだけは考慮に入れておいてください。

描きにくい部位であることは覚えておいてくださるとありがたいです。誇張みたいな意識がなくとも、絵的に不器用がゆえにそう描いてしまう人はあります。

また、バービー人形問題などにみられるような、“女性のプロポーションの画一化”についても、正直、「中途半端な体型」って一番画力を要しますし、漫画においてはある程度“画一化”しないとやってらんないほど量を描かなくてはいけないという面はあります。

男性としても、「(自分はそうじゃないのに)男性表現がイケメンやマッチョに画一化されている…。ならば女性のそれも問題ないのでは…?」という意識があるのかもしれません。

だとすると、両者申し訳ないのですが、死ぬほど描かなくちゃいけないんです日本漫画はorz 若干、作家の労働問題が関わってくる、かもしれません。

商業作品は版元の意向が関わってくる

傍目からはまったくと言っていいほど判別つかないので取扱い注意な話ですが、「わざわざ」そういうディレクション入れてくる人って少なからずいて、作家さんが乗り気ならばいいんですが、じつは乗り気でないケースもしばしばです。名前もろくに公にならない人が指示してる場合があるんです。

それが、言ってくる本人の性癖だと言うならばヨッシャ叶えたるわ! とならんでもないですが、マーケティング()的な観点から言われるとほんとムカつくんですよね。

「ちょっとエッチな」じゃあないんですよ、不要だからやらないんだよ。やるならやってやるから地獄までついてこいよ! と内心イラついたことが過去数回ありました。こっちは戯画化ってことの魅力も危険性も重々承知ですから、自分だけいい格好で済ませたい向きには腹立ちます。

以前は「編集など逮捕されてからがスタートライン💪」と、作家とともに腹をキメてくれる編集さんいたんですけど。少なくとも私にとって、優秀な編集さんってだいたい変態だし、自分の変態性を隠さないです。

だもんで、作家さんやお客さんに対して言いたいことはあんまないんですけど、版元に対しては多少ある。

自分たちのやってることがポルノ「も」含むんだ、ということをいい加減認めて、森林原人さん*2やパラダイスTV*3あたりのように、現実問題についてチャリティなり啓蒙活動なり、理解されようという活動してったほうがいいですよ。

それは、女性問題に限らないかもしれません。かなまら祭りだって無条件に続いてきたわけじゃないです。

おそらくそれでも突っ込まれるでしょうが、やらないよりはずっと味方が増えると思う。あんま知られたくないことですが、映像やゲームと違って、日本の出版はレーティング機構ないんですよ…。*4なので、あれもこれも出自はアダルト、ってそれはそうなんですけど、映像やゲームを例としてあげられると、業界としての努力が違うんじゃないの…? とは個人的に思います。

エロ漫画も含めて、本業アダルトの人たちは「何やってんだ」と思っておられるんではないんですかね…。

オタクは女性蔑視なのか

現代では「萌え」の定義は必ずしもセクシャルでないかと思いますが、仮に萌えが性的だとしても、オタクカルチャーど真ん中の知人と飲みに行ってセクハラとかまずないです。体感、むしろ萌え絵を馬鹿にするような向きのほうが実際の女性に対して無礼だったりしませんかね。

これもこれで偏見かもしれませんが、無駄な場面で女性を「脱がして」きたのも、弱者とみるやイジりという名で小馬鹿にしてきたのも、両方、主成分はオタク的なカテゴリ以外の人物像だと、私は思うんですけどね。

秋葉原行って「ヒュウ~~巨乳ゥ~~!」とか言われること無い…なくない???

一度どこかが対談企画でもしたらいいと思う。

海外は正直もっと苛烈

海外でもフェミvsオタクみたいの、ヒートアップしてます。男も強いし、女も強いので、そりゃもう売り言葉に買い言葉状態です。

ここでちょっと知ってほしいのは、海外でも日本のコンテンツに救いを見出してる人があるんですよ。

詳しくは書けませんが、海外の男性で、まあルッキズムに関してつらい思いをしてきて、すごく人生を悲観していて、pixivまでチェックしてる人があったんです。

たまたま身の上話を聞くことになったんですが、その人、私が女性作家だと知る前から普通に紳士的で、「部屋は日本の漫画でいっぱいなんだよ」と話してくれました。あげてくれたタイトルも“真っ当な”少年漫画ばかりでした。おそらくセクシャルなことに関しては奥手なかたではないかなと思いますが、まあ性的に楽しむこともあるでしょう。

頼むから、そういう人たちの拠り所をなくさないでくれよ! と切に願います。

日本漫画に強みがあるとしたらその雑多性です。

セクシャルなものばかりでないことは、少し手広く読んでる人なら皆さん思ってると思います。コミックのルッキズムは、私は海外のほうが厳しいと思います。

だからこそ、日本の版元には業界としてリードしてほしいし、あるいは作家側も「そうはしたくない」というところで頑張る必要があるかもしれません。

私は漫画でいろんな苦難によりそって、昇華できれば、と真面目に思ってますし、いろいろ考えると、これ以上は加熱してほしくないです。

*1:のうりんNHKキズナアイ駅乃みちかあたりはそう認識してます

*2:

学校では教えてくれない性教育 - YouTube

*3:おっぱい募金は今、男優さんも揉めるって話です。ハピ太郎(鮫島)さんが出るなら私もパラダイスTV契約まである

*4:作るべきだともまったく思いません。だからこそやれることはやってほしい。とにかく日本の出版はいい意味でも悪い意味でもまとまりがないんです。何故そうなのか? に関して、ちょっとおもしろい理屈を聞いたんですが、うろ覚えなので書かないw

執念で10周年

f:id:enmotakenawa777:20190920021346p:plain

すっかり忘れていた。私の記憶が正しければ、この9月で現ペンネーム「円茂竹縄」が10周年なんです。おめでとうありがとう。

もともと単なるネットのハンドルネームとして付けた、ふざけたものでして、これは狂歌師をイメージしたものです。朱楽菅江とか、宿屋飯盛とか、そういうの。根の深いところでパリピなので、是非すべての宴にいっちょかみしたい、という気持ちで付けました。

画業界隈はじつは出戻りなんですけれども、再開する際、それまでの何かを投げ捨て「イチからやってやりますよ、ヨユーっすよ」と筆名を新しくしようとしてまして。

何がいいかなァと思ったんですが、次第に考えるのがめんどくなったのでハンドルネームをそのまま流用しました。

いちネット民からの転身なんで、以前からなんとな~~くお付き合いいただいてる方々にしてみたら「エッなんで急に宣伝しはじめた! まさか、一般人のふりをした業者アカウント…!?」って話ですから、若干後悔しないでもないです。やっぱ新しく考えればよかったorz

以来、腕っぷし一つで世間と丁々発止してまいりましたが、10年ねえ……。ほんと様々なもの描かせていただきました。

enmotakenawa.com

正直、ちょっと腕試しできればいいやと思ってて、もっと腰掛けのつもりだったんですけど。ずうっと連載させていただいている案件もあり、ありがたいことです。

てなわけで、もろもろ発売中、掲載中です。

またしばらく、よろしくお願い致しますm(_ _)m

最近読んだ本など

近代セールスさん8月15日号発売中です! 巻末『ハートのたすき』掲載されております。よろしくお願い申し上げます。巻頭特集の見開きのイラストがかわE。

近代セールス 2019年 8/15号

近代セールス 2019年 8/15号

 

--- 

さて、最近読んで良かった本を3冊ばかり。というか、これに限らずいつも読んではいるんですが、やたらアンダーグラウンドなルポだったりして書きにくい。

交通事故で頭を強打したらどうなるか?

交通事故で頭を強打したらどうなるか?

 

一冊目、こちら是非広く読まれてほしいです。交通事故で高次脳機能障害を負ってしまった大和ハジメさんによる実録コミック。もともとネットに発表されてたものがまとまって本になったようです。

漫画を描くことがリハビリにもなると考えて始められたようなのですが、いや~…この大和ハジメさんご自身がすごい方だと思う。いわゆる“障害者”になってしまったわけだけれど、目標を設定して、ここまで取り組んでみようとか、何度も何度も立ち上がるさまが。そんなの健康でもできる人多くないですよ。

もちろん、漫画では端折られた苦しみの日々もそれはそれはあったんでしょうけれど、結果、こうして一冊にまとまるほど描きあげたというのは。本当にすごいです。

事故ではないですが私も若干死にかけたみたいなことありまして、いざそうなったとき人間の生への渇望・執着ってすごいんだよな、と、少しは知ってるつもりなんですが、そうした人間の本能に、さらには大和ハジメさんの(おそらくは元々)努力家な性質がブーストかけて、とてつもない生命賛歌になってると思います。

また、内容も、「このときこう思った」というのが、いちいちきちんと伝わってきます。絵柄もあいまって、深刻な題材の中そこはかとないユーモアも感じるし、純粋にネームのうまい方だなと思う。過去の感情や思考回路を整理して、伝わるように描くというのも、誰にでもできることではないと思います。

事故後の人体が格闘してる感じとか、乗り越えたと思いきやこんなふうになるんだとか、人間ってやっぱり社会性の生き物なんだな、とか、いろいろなことを思いました。

---

ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書)

ケーキの切れない非行少年たち(新潮新書)

 

これもな~…。児童精神科医さんが少年院で勤務されていたときの気づきを書かれた本というか。実際自分が知ってるわけじゃないんでアレですけど、本当ならかなりの問題提起だなと思いました。

そもそも認知力が弱い子が多くいるのだそうです。聞く力、見る力が弱く、ひいては考える力が弱いと。身体との連動もうまくなかったりして、「行動が鈍い」というのはどうしても社会生活のなかでバレてしまうんですね。

少しくらい勉強ができなくてもバレにくいですが、行動が鈍いのはどうしてもバレてしまうため、無意識に自尊心を守ろうと自己評価も乱高下するし、いじめにも繋がると。あげく、社会的にハブられるはめになって、本人も何がなんだかわからないまま、居場所もないし、目の前のことに飛びついて犯罪を犯してしまう、というような。

で、そういうタイプの子たちは更生の前に認知力や身体能力を補正(?)してやる必要があるわけで、ゲーム感覚で行える『コグトレ』というのがあるようです(そちらは別書籍)。

ゲーム感覚で行えるというのが大事で、ゲームだから別に失敗してもいいんですね。それで評価されるわけじゃないから、繰り返し取り組んでいるうちにだんだん認知力が高まっていくと。

また、教える側に立たせてやると急にいきいきしだす、というくだりも、なるほどと思いました。教わるばかり、怒られるばかりで、教える側に立ったことがないから。

とにかく自分のことも世の中のことも、何もわからない子たちが、等身大の自己評価を身につける方法があるようで、そもそも少年院以前にやっておけば、少年犯罪の抑止に繋がるのではないか、被害者を減らせるのではないか、という提唱であるようです。

こちらも何というか、「もう四則演算ができないうちから人間とは社会からの承認を求めているのか…」というようなことを思いました。圧倒されますね。

---

野球食

野球食

 

近頃うっすらとまた筋トレなど再開しているわけですが、 食事面のことを考えてみるために買いました。なぜ野球かというと、野球が好きだからです。

おもに高校球児向けに書かれた栄養学の書籍。イガグリ頭でも理解できるよう、おもしろおかしく書かれています。

レーニングはね、「生活」なんですよね…などと…。帯の「メシを握れない選手は、ボールを握るな!」が痺れます。

1日度を越して机に向かう生活してると、本当筋力とか落ちてくるんですよ。

ちょっといろいろ、また建て直さないといけないな、と思っております。

友と旅に出るということ

f:id:enmotakenawa777:20190714142412j:plain

もともと新潟村上~山形のほうで地震があったときに、「実家は大丈夫だったか?」「また大きいのがないといいんだけど」などと同級生に連絡をとったのが始まりだった。

そこからなぜか旅行の話になり、「久々にまた皆で行きたいね~」から「行こう!」と。昔よく旅行していたメンバーで、20年ぶり近い同級生旅行を催すことになった。

こうなると行き先や宿のランクなどほとんどどうでもいい。贅沢や、珍しい行き先は経験済だ。会えればいい。定番でいい。日程的に空室があって、くつろげて、料理もそこそこおいしそうであればいい。場所は東日本と西日本の間をとって熱海あたりでどうか、ということになった。正確には網代温泉に決まった。

この間にも互いの結婚式などで会ってはいたけれど、自分たちだけで一泊し、ブラブラするのがとにかく久々であった。

連休初日の東海道新幹線の混雑ぶりに驚いたのだが、もっと驚いたのは、混雑したなかでも友人の顔はすぐ見分けられるということだった。約10年ぶりであるにもかかわらず、変わった、分からなかったということがない。

会ってすぐ「こないだあったこと」が話せてしまう段差のなさ。

友人が選んでくれた網代温泉の旅館も大当たりで、比較的リーズナブルに海の幸を堪能できたし、オーシャンビューの露天風呂も最高だった。初日はそれらを楽しみ、23時にはもう寝たと思う。まったく遠慮することのないスケジュール感である。

2日目は網代を出て、熱海→沼津→三島と、軽く観光をし、時に話し込むなどした。曇天だったのが逆に功を奏した。観光にバランスが寄りすぎなかった。10年分の隙間があると思えない、目の前のことにも、過去のことにも、未来のことにも、ああ、同じようにおしゃべりしてきたよな、と思う。

社会に出ると、つきあう年代も人も幅広くなる。また、身近な話し相手としては配偶者や家族がいたりする。けれど、そのどれでもない友人との旅はまた格別である。家族であっても気が合わないということはあり得るが、友人は気が合うから友人になるんである。

若い人におすすめしておきたいのは、そうして友人と旅に出ておくこと。行き先なんて大したところじゃなくてもいい、10年後20年後、きっとその関係が活きてくる。

また、すでに手遅れだという人もそんなことはない。夫はBattle Fieldというゲームのシリーズが大好きなのだが、オンラインで同好の士と出会い、今では一緒に旅行したり、互いの結婚式に出席する仲である。「この歳になって仕事を離れた友だちができるなんて」と目頭を熱くしていたほどに仲が良い。きっとそういう出会いがあると思う。

東日本大震災のあとに結婚式をしたのだが、身内だけでやろうとしていたら、幼馴染が顔だけでも出させろと駆けつけてくれ、それをみて、とっさに号泣してしまったことがある。物心つかない頃から一緒に育ち、誰一人欠けることなくここまで歩んでこられたのがとてつもない奇跡に思ったからだ。実際そうだと思う。

まして一緒に旅に出られる友がある、これ以上のことはない。

「これはクセになるね」「絶対また旅行しよう」と、次の行き先の話にもなった。

人生には駆け抜けるべき期間があるとは思う。けれど、ふと歩調を緩めたとき、同じように歩いてくれるのが友人というものではないだろうか。友旅、おすすめします。

『すごい掃除』発売されました!

ワニブックスさんより『すごい掃除』発売されております! 表紙にクレジットないですが、書籍内コミック部分を担当させていただきました。

すごい掃除 - 仕事の効率が上がる!  会社の業績が上がる!  マンガでわかる -

すごい掃除 - 仕事の効率が上がる! 会社の業績が上がる! マンガでわかる -

さて、近頃Netflixにて近藤麻理恵さんの番組がヒットするなど、世界的にお掃除ブームの予感ですが、こちらは「企業の掃除」です。会社の掃除をすることで業績が上がる! という、一見「本当かなあ??」と思ってしまうような内容なのですが、著者の今村暁先生は何百社とご指導なさってきて実績がおありです。

会社の掃除というと、ネットではあまり印象がよろしくないというか、「素手で便器」的な単純に衛生上合理的でないものを連想してしまうのですが、そうした内容ではなく、労働環境整備という意味での「掃除」です。

代表的なのはやはりトヨタでしょうか。生産ラインなど、片付けで無駄を省いているのは有名です。片付けには動線の確保やモノの置き位置情報の共有など、さまざまなことが含まれます。

物理的にモノをあつかう現場では、職種によって、効率を追求することが危険の防止にもつながりますので切実であるようです。

ーーー

また、生産現場だけではなく、オフィスワークにおいても、近年はおしゃれでスッキリした環境がトレンドです。

一時的にオフィスを引越ししても人が使っているうちに環境はゴチャゴチャしてきますし、そもそも引越す状況にないという会社も多くあるでしょう。そこで、全社的に片付けの習慣をつけましょう、というのが趣旨であるように思われます。

全社的に、というのが今村先生のポイントでして、トップからの参加が必須です。当番制とか、誰かだけが負担を強いられるというものでもありません。文字通り全員参加です。

---

しかしながら、急な方針変更は反発をしばしば生むものでして、それにはトップの理解と強い意思が必要です。本書も、どちらかというとトップのモチベーションを維持する内容になっているかなと思うのですが、個人的には従業員にとっても決して悪いことではないと思っています。

世間の人は会社の掃除についてどういう印象を持っているのかなと、Twitterで検索してみたところ、意外にもそう文句は出てこず、「自分の家はやりがいがないが、職場の掃除はなぜかやる気になる」といった声もありました。

私もバイト先では暇なときよく掃除してましたね…。

オフィスワークについては、究極、職場のスタバ化と申しますか、ようするにリラックスして集中できる環境にしていきましょう、というところまでいってます。

さらには、昨今は人材の奪い合いです。当然ながら良い環境で働きたい人が多いでしょう。そうした点でも職場の環境整備は大切だといったくだりもあり、誠に多岐にわたる内容で、個人的にも興味深かったです。

そんなわけで、皆さんの会社も「掃除」いかがでしょうか。

すごい掃除 - 仕事の効率が上がる!  会社の業績が上がる!  マンガでわかる -

すごい掃除 - 仕事の効率が上がる! 会社の業績が上がる! マンガでわかる -

関連書籍一覧はこちら

enmotakenawa777.hatenablog.com