enmotakenawa - blog!!!

円茂竹縄ブログ

M-1の暴言騒動とか

どうでもいい話。

先日ネイルしてもらったらネイリストさんに「M-1観ました? あれ観ると年末感が出てきますよね~」と言われて、世間ではそんなにメジャーな番組になってるのかと驚いた。年末といえば紅白くらいの認識しかない。いってガキ使。

そんな熱心にチェックしてない私は「いや~ちょっと観てないんですけど」と答えつつ、今年の結果がどうであったか聞いたんだけれども、出演者の名前もろくに把握してなかったので、何言ってるかよくわからなかった。

あらためて録画を観たいま、ネイリストさんの感想を今一度聞きたい気持ち。「霜降り明星はやっぱりおもしろかった」って言ってたかなあ。

 

暴言騒動が気になっている。

www.oricon.co.jp

あれ、講評される立場になったら、やっぱりキツいはキツいと思うんですよ。

だからといって、いくら文句云うんでも、報道されてるような発言たちは人間として許されない*1。当該の二人はほんとに反省すべきに思う。

それはそれとして、あんな講評いるかなあ、とも。

のど自慢の鐘って、ただ鳴らされるだけで細かい評価が公開されてるわけではない。

番組としてシリアスになりすぎてる、というニュアンスのことは、数人の芸人さんがそれぞれラジオ番組などで言ってた気がする。はたしてショーとして必要なんだろうか。

“審査員を一般の人にしたらいい”という意見も耳に入っていることを明かした上で「プロが見てるという緊張感の中でエンターテインメントってすごく向上していくので。一般の人に向けての笑いばっかりやってると、絶対クオリティーは下がって行くと思うんですよね」と持論を述べた。 

松本人志、“M-1暴言騒動”久保田と武智を叱責「勉強不足。上沼さんをわかっていない」 | ORICON NEWS

これはそんなことないと思う。

CtoCというか、たとえばネットで直接活動するYouTuberはいわゆる「プロ」の審美眼を経てないわけだけれども、人気がでる人たちって、私は全員なんらかのプロフェッショナル性を獲得しているように見える。セルフ分析、セルフフィードバックの結果、「プロに近づいていく」ということはあると思う。

審査員の講評の言葉が、お客さんの見方を、ともすると縛ってしまうのではないか。そうなると業界にとってもあんまりうまくないように思う。

news.yahoo.co.jp

上沼恵美子さんの評価は、あながち視聴者の感性と大きく離れてないのでは、という記事。

まあな~…と。なんのプロだろうが出自は一人のお客さんなはずなんで。お客さん時代を経てないプロとかそういないでしょう。「プロの意見」って「分析の言葉を獲得したお客さんの意見」だと考えている。

お客さんってそんな的確な言葉ひねりだしてくれない。ひねりだしてくれって言える義理もないし。いまいちだなって思っても「つまらない」「きらい」でおしまいですよ。良い評価だけ信じるわけにはいかない*2

プロを一人のお客さんとしたとき、その好みで評価が割れてしまうことはあるだろうけど、その場合、プロならだいたいは意見を求める。「自分はわからないんだけど、どう?」と聞いてまわったりする。

M-1の場合、審査員一人ひとりが点数つけなきゃいけないから、「これは私は好きじゃない」という発言もそりゃ出てくる。「個人の感情」をカバーするために審査員が7人いるはず。

個人でYouTubeかなんかで漫才あげて、お客さんの反応をさぐりさぐり改善していくよりは、審査員のいうことを受け止めて改善をはかったほうが、あきらかに効率がいいと思う、本当は。

プロに講評してもらうことのメリットって、お客さんの反応をショートカットして改善をはかれることなんだと思う。

 

でも、なかなか冷静には受け止められない。

酷評された人たちやっぱりキツいだろうな~と思うのは、漫才もおそらく、漫画とおなじ「表現商売」だから。表現だけではない、商売だけでもない。

表現の部分に必ずその人の信念とかがまじるから、批判されるとそれを否定されたようでものすごくキツいんですよ。

あとで冷静になって納得できる言葉もあるし、やっぱり聞かなくていいかなという意見もある。このへんはなんというか、見世物商売経験者しかキツさも重要さもわからないんじゃなかろうか。

 

漫画におきかえると、たとえばよく言われる「作家と編集者」問題になると思う。

意見をいう人と、作品をつくって意見をいわれる人。

私見としては、的確な編集者さんというのは、ほとんど必ず創作者の一面をもっている(過去に作品をつくっていたことがあるか、現役でこっそり同人誌に参加してるとか)。

そうじゃない人もいるだろうし、あまりに作家性が違いすぎると裏目にでることもあるかもしれないけど、「自分のがんばり」と「はたからみた感想」は食い違うことも多い。

だから現役プレイヤーがひねりだしてくれた言葉って、私はひとまず素直に受け止めるべきに思う。どういうことかわからなかったら後で詳しく聞けばいい。その価値はある。聞いといて、あまりに信念とちがうときだけリジェクトしたらいい。

 

…ってことを、もしかしたら芸歴が浅くてわからないのかもしれないと思ったんだが、Wikipediaみたら両者とも私と“芸歴”がさほど変わらないようで*3。それでわからないのはちょっとなあ…と思いつつ、公の場でキツい講評をされる必要あるのかなあ、とも思ったり思わなかったり。結論はない。

*1:自分らこそ“プレ”なんでは?くらいは私なら言い返したいところだ。男性でも月の生理周期があるっぽいって話すら昨今あるのに

男性更年期障害(LOH症候群) | 東京都千代田区飯田橋 こころとからだの元氣プラザ

*2:もちろんすごく支えにはなる

*3:あとから確認した記事では、私のブランク含めると私のほうが結構若かった

OneDriveで送られてきたPSDファイルが開けない

先日、PSDファイルを送付したところ、自分の手元のPhotoshopでは開けるが、先方で開けない、という事態が発生。

情報が少ないので正確ではないですが、再現を試みたところ、少なくとも下記の手順で「開けないPSDファイル」ができることがわかりました。

【やってはいけないパターン2018】

  1. PSDファイルを圧縮せずOneDriveにアップロード、共有リンクを送付
  2. 共有リンクから(ブラウザで)プレビュー画面へ
  3. プレビュー画面から右クリック(画像に名前をつけて保存)かなにかでダウンロード

これですと、一見、PSDとしてダウンロードできるのですが、よく見るとサイズが極端に減っています。それ、おそらくプレビュー画像をダウンロードしています。Photoshopで開こうとしてもエラーが出て開けません。

OneDriveでPSDなどのファイルが送られてきたら

リンクをクリックするとこのような画面になるかと思います。

左上あたりに「ダウンロード」という文字がありますので、そこをクリックしてください。ダウンロードが始まります。右クリックで保存しないでください。

f:id:enmotakenawa777:20181026012025j:plain

OneDriveで画像ファイルを送るときには

枚数にかかわらず、圧縮したほうが無難かと思います…。

zipであれば、リンクをクリックしただけでダウンロードされます。

プレビューできるのはいいんですが、どこをどうしたらダウンロードできるのか、たしかにわかりにくいんですよね…。プレビュー画面自体がいらないよって感じもしますし…。

プレビューまでご丁寧にPSDとして落とせるとは思いませんでした。

以上、現場からお伝えしました。ご参考まで。

はじめてのオンラインサロン

世間でいうオンラインサロンとはどのようなものか?? と、たまたま目に入ってきたのに入会してみたのですが、忙しくて参加できなくなってきたため、退会を決めてしまいました。

入会したのはこちら。…なんかさみしくてこれを書いています。

lounge.dmm.com

サロン内容に不満があったかというとまったくそんなことはなく。

正直、仕事中のBGVとして目新しい話がきければ…くらいで入会したんですけれど、登壇されてる方々のお話はさすがに興味深く、流していても時々メモをとるくらいでした。

オンライン会員は安価ですし、あとからゆっくりみることもできます。

テレビ朝日の方が主宰ですから、入会にあたっては安心感もありました。

オンラインサロンとはなんなのか? まあ結局その、おなじことに興味関心がある人々が集まって、ときにはワークをし、高めあっていくところなのかな、と思ったんですけれど、どうも私はその時期を過ぎたようです。それやるなら普通に仕事原稿かいて直接世間にぶつけるだろうというか。

なにより、主宰の方の熱意が伝わってきて、本当はもっと積極的にあれこれ参加したかったんですが…。

内容や登壇の方々をながめて、ご興味ございましたら是非。

本当は個人的にごあいさつしてから去りたかったんですけれども、ちょっと適切な窓口が思い当たらなかったので、こちらで代えさせていただきます(´・_・` )

なんかこう、ただ動画や雑誌を買うだけなら「カネ払ってんだからいつやめたっていいわ~」みたいな気持ちになるんですけど、やっぱり人が近いとさみしくなるものですね。

言及された喜びを

はてなで言及が飛んできたの初めてじゃなかろうか?? ありがとうございますm(_ _)m

abyss.hatenablog.jp

そう、はてなにいる人です。最初にダイアリーつくったのはいつだったか…「はてなというところが一番いろんな記事が読めるな!」と気に入って住みついたのでした。

こちらも手がけた書籍ご紹介いただきありがとうございました!

d.hatena.ne.jp

千田教授の仰ってたのは私も違和感でしたね。“相槌役”になってるのは脚本の問題ではなかろうか、とか。本家動画だと結構ツッコミの激しいキャラじゃないですかね?? らしくない、という言い方ならそんな気はしますが…。

たまたま人気のVTuberが女性キャラクターだっただけでそこまで言わんでも、と眺めておりました。

先生役、生徒役

私が描かせていただいた書籍で「理系」と呼べるものは、紹介していただいたオーム社さんの『~材料力学』くらいかと思いますが、他の分野でも女性を指南役にすることはけっこうあります。

Amazon.co.jp: 円茂竹縄:作品一覧、著者略歴

なぜそうするのか? (少なくとも私は)正直深い意味はないです。

男女問わず監修の先生をモデルにするケースもありますし、また、シリーズものでは「こういうのが他にあるから今回はこうしてみよう」とか。先生役と生徒役で組み合わせが男女になりがちなのは、画面のバリエーションを考えた結果、読者のバリエーションを考えた結果が多いように思います。女→女はね…やりたいんですよね私も…。

 

出版って制作の回転が速いので、あっちがそうするならこっちはこうしようとか、幅が出やすい下地はあるかもしれません。

また、常々思ってるんですが、文芸界隈って作家も編集さんも女性がたくさんいるので。世間の「女性の社会進出が」みたいなの、「そうなの??」と内心驚いてるところはあります。男性編集さんもしばしば持ち上げてくださるので…。まぁ、ぬくぬくとやっております(´-ι_-`)

だもんで、男女のキャスティングはまったくニュートラルに「今回はこうしてみましょうか~」という話でしかないです。私は女性なので同性ノリのほうがかきやすいので、若干女性が多いまであります。

漫画はまったくいいものだ

もしお好きなシリーズで「こういうキャラ描いてー!」とかありましたら、是非版元さんにお寄せいただければと思います(^o^)

個人的にやりたいのは「意味なく多国籍」ですね。学習系でね。今どきはオフィスでもいろんな国籍の方いらっしゃいますからね。ガチャ混ぜにしていきたいです。

先日、英語圏でもこのようなハウツーコミックがあるのを発見しました。

The Student's Manga Cookbook (English Edition)

The Student's Manga Cookbook (English Edition)

 

いいぞ~。どんどんやってこう。

学習系・ハウツー系を手がける醍醐味は「まんがだから」とうっかり子供が手に取る可能性があるとこだと思ってます。どんな題材やってても私は内心でワンチャン狙ってます。あとまじで単純に「役に立つ情報が好き」なんですよね。

そんなわけで、だいぶ話が広がってしまいましたが、「漫画棚以外の漫画」の世界も、是非広くお楽しみいただいて、版元さんにも反響お寄せいただければな~と思います。

「錯覚資産」

なんだかニコニコしてしまう。

p-shirokuma.hatenadiary.com

TV番組、林先生の『初耳学』でも取り上げられたとのことで、ヒット街道驀進中の「ふろむだ本」、読んでない方はぜひおすすめです。

 願わくば、奥付まで読んでほしい。奥付まで(力説)。

 

さて、それはいいんだけど、この表紙のヤギワタルさんのイラストたまらない。

赤いパーカー(?)なんか着てスマホいじって、髪もちょっとボサってて。ぜったい我々と大差ない奴なんだけど、「先になにかを会得されてしまった」感がすごくいいです。

帯の脂汗かいてる坊主頭もいい。

インフルエンス×坊主頭というと、私などはなんとなく田端信太郎さんを連想してしまうんですけれど、田端さんの御本の表紙も、じつのところ(フォトストックサービスにあるような)爽やかな笑顔でないのが“らしい”んじゃないかな、と思っている。

読んでないですけど。やたらめったらな乱暴な物言い、やめればいいのに。

 

以上、気まぐれな雑記でした。

近代セールスさん、ドクターズマガジンさんなど、月例のもの掲載されております!

さらにはまた書籍も一冊担当させていただく予定です。冬発売かな?

お見かけになったらよろしくお願い申し上げますm(_ _)m