読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enmotakenawa.com - blog!!!

円茂竹縄ブログ

雑誌・スマートフォンワールド4月号とニコニコ超会議など

雑誌・インターフェイス増刊『スマートフォンワールド』4月号にカット一点描かせてもらってます! あれ何故か本名名義(細川幸恵)ですけれどw お見かけになりましたらよろしくお願いいたします!
enchant.jsのコーナーですね〜、私も以前、ほんのチラッとですがいじってみたことあるので、個人的にも読むの楽しみです。
あれねー、書店さんでけっこう売り切れがあるみたいでして、探してもらうときは「インターフェイス増刊の」スマートフォンワールド、っていって探してもらうといいみたいですね。


で、ニコニコ超会議(29日)に行ってきました!!
じつをいうとBOOK WALKERの中のかたがチケットくださるというので、そうですか、くれるものはいただきます、と遠慮無く強奪してきたはいいものの、私、いうーーーほどニコニコ動画みない人間なので、どうかなと思っており。いちおう有料会員ではあるのだが…。

でも、全ッ然、思ったより楽しめました。
本当いいイベントだったと思います、皆エンジョイしててよかったね!
以下、感想いろいろ。
印象的なとこだとまず痛車ですね、私あれ、それまであんまり興味なかったんですよ。だってキャラがペイントされてるって話ならいま飛行機だってラッピングして飛ばす時代でしょ? のせるキャラクターの違いってだけじゃん?? とか思ってたんだけど、実際生で見てみると、とってもきれいで壮観でした。発色もいいし。
あと、車自体のチューンナップのおもしろさ(車には若干興味があるので)とか、飾るだけじゃなくてサーキットなどで「走らす」ことを前提として作られてるかたも多くて、そことか。「あ、これを痛車にしちゃうんだ!」みたいな新鮮さがあったり。さらにはそれが個人所有であることの驚きとか。
痛バイクなんてのもありましたね、マフラーまでぐるっときれいに仕上げてあって、これは面白い世界だなあと思い直しましたよ。

そして、AAA日高光啓さんの番組「生でSKY!?-HIそうですかい。」のブースにたまたま紛れ込んでしまって、AAA日高さんとKEN THE 390さん、小室哲哉さん(!)のライブを観たのです。
これがねえ!!! …またあちこち不勉強で申し訳ないのだが、AAA日高さんもKEN THE 390さんも存じあげなくて、小室哲哉さんすら、まぁ通り一遍のうす〜〜〜い認識であったのですけども、いやーーー
ほんとに素晴らしかった。
圧巻はフリースタイルでしたね。小室さんの演奏をバックにAAA日高さんとKEN THE 390さんが、ずうううううううーーーーーーーーーっとフリースタイルで繋げてくってのやってたんだけど、私あそこまでフリースタイル”だけ”っての観たことなかったから、すごい感動した。日高さんも390さんもほんーーとに、「才能のある、エンターテイナーなんだなぁ」としみじみ思いましたよ。

正〜〜〜〜直ねえ、中盤まで会場のノリがわるくて、これ中継のコメントでも云われてたけどさ、「いくらなんでももうちょっと互いに楽しめる雰囲気づくりに協力しようぜ」って思っちゃうくらいで、日高さんも390さんもやりづらかったんではないかと思うんですよ。コメントでもあったけど「TK待ち」な感じがあって。ただ、小室さんが演奏し始めてからは、さすがに有無を言わさぬ熱狂が生まれて自然に皆手が上がってきたし、もちろんそれまでの日高さんや390さんのステージングも素晴らしいものであったし、ぜんぶひっくるめてのクライマックスであったと思うので、いやほんとね、プロフェッショナルだと思ったわぁ。
ホスト役の日高さんは特に、よくやった感。まさにスタンディングオベーション、素晴らしかったです。
だからAAA知らんかったけど、今後ちょっと意識して応援しようと思いましたよね。


他にもねえ、書ききれないんですが、陸自のブースとか、一日目には民主党の枝野さんも来てらっしゃったみたいだし、思いもよらぬプチ官民一体感があって、こうしたサブカル系イベントとしては珍しい感じがしたのだがどうか?? 自衛隊は”ヲタの巣窟”だそうなのでともかくw
アメリカなんかだとよくエンタメコンテンツに「ネイビー全面協力!」とかあるし、クールジャパンなんて打って出るからには相互理解はだいじですよ、昨日の超会議なんてある種「自由の国より自由」だろって思ったし、あの雰囲気を忘れないようにしていただきたいものです。本当のクールとはなんぞや?
あと、ニコ動の世界って基本「いちユーザー同士の交流」だと認識してるんだが、そういう盛り上がりにさ、企業さんが一枚噛むっていうのも私はだいじだと思っていて、それこそ角川さんとか、「いちユーザーだけじゃできないこと」っていうのも私はあると思ってるし、コミケの企業参加って後付だと思うけど、なによりオンラインのコミュニケーションインフラを用意してるのなんて今や絶対”企業”ですから、嫌儲みたいなこというネットのひとたちも少しは理解してほしい。ドワンゴさんはじめ、皆、うん、がんばっているんだよ…!
なんかそういうプチ「相互理解の場」でもあった気がする。それでいてただの”企業展覧会”にならないことが新しかったんではないかと……ニコニコ動画っていう場所柄、トップダウンボトムアップがないまぜになった感じがとても面白かったです。


そんな感じ。書いてたら何言いたいのかわからなくなった。
全部は見て回れなかったし、夜の超パーティーにも出られなかったけど、あれは来場してなんぼのイベントだと思いましたよ、とてもライブ感あふれる場だったと思います。今回来られなかった人のためにも是非次回開催を…と思ってたら川上会長「ない」っておっしゃってるみたいで、そんな!><
まぁとにかく、本当いいイベントでした。関係者の皆さん、来場者の皆さん、おつかれさまでした!