enmotakenawa.com - blog!!!

円茂竹縄ブログ

ほんとうのターゲット

f:id:enmotakenawa777:20171229230455j:plain

Twitterで気まぐれに宣伝しはじめると止まらない。書籍は私だけのものではないので、勝手にベラベラ宣伝してもし版元さんの方針と違ったらどうしよう! って思いがちとあります。そんなにおかしなこと書いてないと思いますが…。

画像は新しく出た一冊になります。ありがたいことにベストセラーステッカーいただいておりましたので記念キャプチャ。

まだKindle版未発売かつ、“なか見!検索”も入ってない様子なので、どんなもんかわからんという方は是非書店さん店頭でご覧になってみてください! この手合いはコミック棚ではなく、一般書籍の棚に分類されております。

Kindle版もおそらく一ヶ月くらいしたら出ると思います、よろしくお願いいたします。

マンガでやさしくわかる物流

マンガでやさしくわかる物流

 

 

 ビジネス系を中心に一般棚に分類されるようなコミックをいろいろ描かしていただいているんですが、ぶっちゃけ、海外デワの方々に補足され

「日本ではこんなものまで漫画にwwww(テキストで読めよwwww)」

的なこと言われるのを今か今かとドキドキして待ってるんですが、意外にないですね。

 将来あるかもしれないので先んじて書いておきますが、私に限っては、内心“子供”が裏ターゲットなんです。「あ、まんがだ?( ´・‿・` )」と、ウッカリ手にとってウッカリ読んでほしい。

 もちろん版元さんのターゲットは大人です。とくにJMAMの私が担当したシリーズはおもに若いビジネスマンをターゲットにしているかと思います。ただ、私にとってはそれだけではないんですよね。

 手にとって、その時点でわからなくてもいいんですが、社会に出たときに「あ、このような内容を読んだ記憶があるような…」と、少しでも取っかかりになれば、という気持ちで描いてます。

これは実は大人にとっても同じだと思ってて、コミカライズは元本があってもテキストのすべては網羅できないため、そのエッセンスが広範囲に抽出されることになります。

なにか新しく担当しなくてはならない業務にあたって勉強が必要だという場合に、少しでも取っかかりになってほしい、カベを登りやすくなってほしい、そういう気持ちで描いています。

 

 …まあ子供が買うには値段が高いんですよね。これは見込み部数との関係で、営業判断的に致し方ない面もあったりします。

 だもんで、個人的に公的施設への寄贈活動を行なっております。版元から見本書籍いただけるので、その在庫があればお届けいたします。

もしご希望の際は mail★enmotakenawa.com(★を@に変えてください) まで、施設概要と連絡先、希望書籍タイトル等を明記のうえ、ご連絡いただければと存じます。

「童貞いじり」で思ったこと

…読み返してまだ全然言葉足らずな気するけど、しゃあないか…。思いついたらまた書きます。

表現について世間の「これはいいのでは」「これはダメでしょ」って話題は気になります。思ったことをウェッブの片隅に残しておこうと思う。

続きを読む

『マンガでやさしくわかる物流』発売中です!

 出ておりました。よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

マンガでやさしくわかる物流

マンガでやさしくわかる物流

 

 くしくもクリスマスイブ前日の発売でしたね…。昨今、物流業界の内情はよく報道されており、関係者でなくとも目にしたことがあるのではないでしょうか。末端では宅急便の混乱などもよく話題になっています。ネット通販のみならず、店頭商品であっても運輸配送はなされているわけで、「陰のサンタさん」にまつわる一冊だったかもしれません。

物流業界は激動の時代を迎えているようです。人手も極端に不足するなか、そもそも物流とはどういった点で重要なのか、これからどういった改革が予測されるかなど、ざっくりしたことが把握できるかと思います。

監修の角井さんは他にも物流についての本をお書きになっており、そちらもご興味ございましたらぜひ!

物流大崩壊 (宝島社新書)

物流大崩壊 (宝島社新書)

 

 

既刊のアレ

 

f:id:enmotakenawa777:20171127184121j:plain

円茂竹縄です。生きてます。

なんかもう…月例の告知すらカッ飛ばしていて恐縮なんですけれど、油断するとそこらで活動してますので、お見かけになったらよろしくお願い申し上げます(´-ι_-`)

さて画像、Amazonにてベストセラーマークいただきました!

確認してたかぎり今月でも何回かつけられており、ありがたい限りです。Amazonランキングって一時間ごとに更新されるので、瞬間的なものでしかないとはいえ、やはり嬉しいものです。今後ともよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

 

で、他の既刊についても、近頃知人が仕事の都合で「改めて勉強するか」と購入したらしく。

「活字本含めていろいろ読みあさったが貴様のが一番よかった。なぜこれを先に勧めなかったのか。若干怒りすら覚える」

などと言われ、イヤ貴様こそ何年も仲良しのくせに今まで立ち読みもしてなかったのかと反論したいのをグッとこらえ、誠にありがとうございます、と。

「まじですか? いくらなんでも言いすぎでしょ」と言ったものの、「や、実務目的で買った自分がいうのだから間違いない。このくらい抽出されてないと応用に使えない」とのこと。何日も徹夜してきたかいがあったというものです。

そんなわけで、もろもろまたよろしくお願い申し上げます、というエントリでした。

ネット通販じゃわかんねえよ! という方は書店さんで見てみてください!

マンガでやさしくわかるファシリテーション
 
マンガでやさしくわかるゲーム理論

マンガでやさしくわかるゲーム理論

 
マンガでやさしくわかる事業戦略

マンガでやさしくわかる事業戦略

 

www.amazon.co.jp

『マンガでやさしくわかるファシリテーション』他、発売中です!

ブログに書いてなかった各種告知を今さら…(´-ι_-`)

日本能率協会マネジメントセンターさんから書籍出ております!

マンガでやさしくわかるファシリテーション

マンガでやさしくわかるファシリテーション

 

 ↑ こちらが最近出たもの、↓ が昨年末出たものです。

よろしくお願い致しますm(__)m

---

JMAMさんでは他に二冊描かせていただいておりまして。どれもボヤーッと私のなかで共通してるのは、「他人の立場に立ってみる」ということのように思われてならない。

これを最初に意識したのがゲーム理論

マンガでやさしくわかるゲーム理論

マンガでやさしくわかるゲーム理論

 

 の、川西先生のお話で。

「人によって見方は違うので」的なお話に、当初、「たしかに??」という反応しかできなかったんですけれど、考えるにつれて、実際それがいかに難しいか、意識してないとできないか、ということに思い当たりましたよね。

今回、ファシリテーションでは「相手にはそれぞれ言い分があり、それらをまず引き出す」というのが谷先生の仰る内容の一つですし、

前回の事業計画書では、「いかに外目線から評価して事業計画書を磨き上げていくか」、そうして“伝わる”ものになるんだ、というのが兼田先生の内容の一部であったかと思います。

マンガでやさしくわかる事業戦略

マンガでやさしくわかる事業戦略

 

 事業戦略、こちらも山邉さんが再三仰っていたのは「実行のためには全員が腹オチしてないといけない」ということでした。納得してないと人は動かない、というような。

……書くとほんとに当たり前みたいなことなんですけれど、

「具体的にどうやって意見をまとめていけばいいのか?」

「どうやって“本音”を引き出せばいいのか?」

的なあたり、今回の『ファシリテーション』やらしてもらって、「ここに落ち着いたか!」と勝手に感じています。

全員が意識高くて全員が率直に話してくれて全員が協力を惜しまない、という状況なら何も問題はないんですが、現実そうではないと。

そこで、“会議進行スキル”にとどまらない、ファシリテーティブな態度とはなにか? みたいな、うまく書けませんがそういう内容が盛り込まれております。もう遡って、過去作の主人公達に全員教えてまわりたいくらいのことを思いました。

無駄話しましたが。とにかくよろしくお願い致しますm(__)m

マンガでやさしくわかるファシリテーション

マンガでやさしくわかるファシリテーション

 

…あとそうだ、近代セールスさんで、この春から新連載コーナーまた担当させていただいてます! 他、ドクターズマガジンさんもあいかわらず毎月お世話になっております。

もろもろよろしくお願い申し上げます!