読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enmotakenawa.com - blog!!!

円茂竹縄ブログ

花王ソフィーナ・プリマヴィスタのCMが異様に好きな件について

http://www.sofina.co.jp/primavista/cm/index.html
見てたらたまらない気持ちになってきたので書いてみる。井川遥さん、菅野美穂さんの2010秋冬ファンデ「プリマヴィスタ」のCMが異様に好きなのです。
もともと複数女優モノ(?)に弱くて、資生堂ツバキとかも、パンフがあれば作画資料も兼ねて持ち帰りたくなる。皆さんとても素敵に撮られているので、純粋に憧れの気持ちがかきたてられ、「オトナになったらこういう人になるんだ…!」と、いい年をして思ったりするw


で、プリマヴィスタですよ。井川さんと菅野さんがプリマヴィスタについて「いいよね!」とガールズトークをしている的設定なんだけれど、2人ともやはりすごく魅力的に撮られてて、と同時に、リラックスした雰囲気のなか、2人が“降りてる”感がとてもよく出ていて。菅野プリマ編の井川さん「それわかる!」や、井川プリマ編の菅野さん「えっ、井川さんでも!?」のセリフが、観ていてめっちゃ感情移入する。それわかる!って感じするし、井川さんでも!?って感じする。


あきらかに別撮りなのが唯一心残りで、1カットくらい一緒に談笑してるシーンが見たかったけど、それでも2人の“仮想ガールズトーク”に共感するに充分なように思われ。……実際なんてどうでもいいんです、犬猿の仲だろうが><(もちろん、そうあって欲しくないけど!)。ウラがあったとしても、それをさておいて一つの共感を呼び起こせるのが“舞台”ってもんだと思うし、その意味でとてもよく出来ていると思うのです。


プリマヴィスタってたぶん、OLさんなんかの普段使いを強くターゲットにしてると思うので、細かいところでもうまいなー、と思う。まずもちろん、「女優なんだけれど、一女性としての口コミ」的な演出が、信頼とともに憧れをかきたてる。さらに、2人がCM中ずっと笑顔なのも、「こんなに笑顔でもヨレませんよ」っていう暗示だと思うし、


菅野さんのメイクシーンでは菅野さんがわずかに頬をふくらませてファンデを塗っていて、アラサー以降の女性にとっては、ありゃあリアルですよ。一秒にも満たないけど、なにげにすごいカットだと思う。井川さんがやっちゃうとだいなしだけど、菅野さんならアレやっておかしくない。かといって菅野さんだけじゃカジュアルすぎるから、やっぱり井川さんも必要。


映像全般にしたたるような高級感がありつつも、親近感をうまく混ぜこんでたり、本来なら相反するイメージが両方効果的に伝わってくるように思います。それがね、女性の「タテの隔たり」が埋まるようなファンタジーがあるんですよ。


最近のファンデはまたどれも高機能ですからねー。ちょうど買い換えようかと思ってた時期だし、日本のメーカー応援したい派だし。ほんとにプリマヴィスタ欲しいです。