enmotakenawa - blog!!!

円茂竹縄ブログ

ネイル縁

喫茶店の大テーブルに座ってたら近くに座ってたおばあちゃんが

「アラ、あなた爪きれいにして??」

と話しかけてきた。

「ええ、駅ビルの爪の店(“ネイルサロン”が通じないと思った)でしてもらって、そこけっこうご年配もいらっしゃるんですよ。おかあさんもいかがですか」

と勧めたところ、

「縁がないのよう~」

と。おそらく、そうした美容のことには自分は疎いんだ、と仰りたかったんだと思う。縁がない、と振る手をみたら、なんの、指先がやわらかそうで血色もよくてきれいだったので、思わずその指先を手にとって、

「おかあさんもおきれいですよすごく」

と褒めたら、

「イヤイヤ縁がないのよう~」

と、くりかえすので、

「そんなことないですよ、おきれいですよ」

「縁がないのよう~」

と、同じ内容のやりとりを何セットかくりかえして別れた。