enmotakenawa - blog!!!

円茂竹縄ブログ

追い詰めてはいけないというけれど

toyokeizai.net

丁寧に追われた記事で、とくに最後のひとはその後どうなったんだろう。

必要以上に追い詰めてはいけない、というのは一般論として確かにそう思う。

ただ、こういう人とはコミュニケーションが取れないというのもまたもっともだろうと思う。

lastline.hatenablog.com

luckyhit氏の中に「お前は屑だ。屑は死ね。」とリプライを送る人の基準はあったようだが、それを語ってくれることは無かった。

(中略)

私は、割と根気よくリプライした方ではあるが、ついぞコミュニケーションが取れたとは思えない。

 lastlineさんの、この「根気よくリプライ」した痕跡を先日眺めていた。ブクマし忘れたようだし、検索しても今出てこないけど、それはそれは「根気よ」かった。これで駄目なら駄目だろうと私も思うようなものだった。

初手が罵倒な上に、コンタクトを試みても肝心なところは明かさない。中身が無いのか、あるいは負けない戦法として自分のことを明らかにしなかったのか。

lastlineさんがお書きになっているように、このluckyhit氏と松本容疑者が同一人物なのかわからない。

しかし、どこぞの報道で松本容疑者の近所の人が数名、「挨拶したときはそんな人に思えなかった」と言っているのを読んだ。彼にも挨拶くらいはする間柄の人がいた。その人たちや、友人に、心が開けなかったのかと思う。

東京住まいの「ネットウォッチャー」が気に入らないから刺さなきゃ、なんて考えを言って、「やれ」と勧める人は滅多にいないはず。

そうでなくとも、ネット上ですら心を開かない人、強固な考えに取り憑かれて(自ら)離そうとしない人に、かける言葉が減っていってしまうのは仕方ないようにも思う。まして暴言しか吐かないのだから。

 

親御さんは驚いて悲しんでおられる様子のコメントをしていたし、近所の人のなかにも「かける言葉はなかったのか」と悔いている人があるかもしれない。

すべての人の手を、わからない、松本容疑者は掴むことができなかったように思える。

 

かといってアカウント封鎖は追い詰めるんだとしたら、のこる手段はミュートだろうか。

個人的に、すべてのSNSにはミュート機能が備わっていてほしい。広大なインターネットとはいえ、日によって目にしたくない事柄は誰にもあるだろうと思う。

それとも、松本容疑者はミュートも排斥として許さなかったんだろうか。

---

松本容疑者の「本当の動機」が明らかになることを願っている。

ともすると、自分自身ですら言語化できていない(意識にのぼることを無意識に避けている)タイプの動機もあると思っている。

---

それにつけても、もはや「Hagexさんはもどらない」という悲しみだけを覚える。

それこそ無駄にしてはいけないと思うんだけれど、どうしたらいいのかよくわからない。

私は私の信じるところをやっていくしかないんだろうし、反面、「言われるうちが華」でもあると時折いましめるのがせいぜいだと思う。